ハンディターミナルに関する製品の情報・比較

ハンディターミナル

ハンディターミナルに関するセミナーやニュース、製品情報やサービスの情報・比較 ハンディターミナル

基礎解説ハンディターミナルとは?

ハンディターミナルとは、バーコードの読み取り機能とデータの記録機能を搭載すると同時に、通信によってそのデータをサーバーに送信したり、それに応じた情報を受信したりする機能を持った端末。宅配便など、運送業の現場で利用されるほか、店舗の在庫数チェックに用いられることも多い。

ハンディターミナルの製品一覧・比較へ

ハンディターミナルの新着製品

2016/03/01
AsReader

ハンディターミナルの最新ニュース

ハンディターミナルの導入事例

基本機能ハンディターミナルの基本機能とは?
ハンディターミナルの基本機能は以下のとおり。
●コンパクトサイズ
片手で持てる、ハンディサイズ筐体である。

●タッチパネルディスプレイ搭載
タッチパネル操作が主体で、ほかにテンキーなどが搭載されることも。基本的には最小限の操作で必要機能が実行できる。

●バーコードスキャナ搭載
対象のバーコードを読み取る。

●無線通信機能
Wi-Fi、Bluetoothなどに対応した無線通信機能を搭載し、バーコードを読み取って得たデータをターミナル本体に送信し、集積したあとで本部のサーバなどに送信する。

●耐衝撃性、防塵性
配送や店舗の現場で使われるため、落下衝撃性や防滴・防塵性に優れている。
導入メリットハンディターミナルの導入メリットとは?
ハンディターミナルを導入すると以下の様なメリットが得られる。
●コンパクト
コンパクトなので現場で邪魔にならずに使用できる。

●無線通信で情報を即時収集・送信
無線通信によって読み取り、収集したデータを即時送信できる。

●独自アプリの開発が容易
汎用製品のハンディーターミナルだが、機能的には限定されているため、業務に応じた独自アプリ開発が容易である。
キーマンズネットとは

ページトップへ