IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

Magic xpa Application Platform


マジックソフトウェア・ジャパン

Keyノート


Magic xpa Application Platform

掲載日:2017/07/06


企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
クライアント/サーバ、Web、RIA、モバイルRIAなど様々な形態のアプリケーションを低コストに開発・運用したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。
価格情報 開発環境:18万5000円(税別)〜 /ユーザ
実行環境:お問い合わせ下さい
サポートエリア 全国


特長


開発ツール

ワンソース・マルチユースのアプリケーション統合開発・実行環境


Magic xpa(マジック エックスピーエー)は、クライアント/サーバ、Web、RIA(Rich Internet Applications)、モバイルRIA(iOS/Android)といった様々な形態とデバイスのビジネスアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるアプリケーションプラットフォームだ。1つのプラットフォーム上でアプリケーションの開発と実行に関するすべての機能を提供するため、プログラミング作業を簡略化でき、少ないリソースで短期間にビジネスアプリケーションを開発できる。
Magic xpaは、アプリケーション開発環境のMagic xpa Studio、クライアントアプリケーション実行環境のMagic xpa Client、サーバアプリケーション実行環境のMagic xpa Enterprise Server、RIA/モバイルRIA実行環境のMagic xpa Rich Client Serverで構成される。

●資産を有効活用できる
Magic xpaの実行エンジンは仮想マシンとして機能するため、開発したアプリケーションは特定のOS、プラットフォーム、DBMSへの依存性が低い。このためOSのバージョンアップや他のOSやデバイス環境への移行などにも容易に対応でき、開発したアプリケーション資産を有効活用が可能だ。

●ビジネスアプリケーション開発に特化
ビジネスアプリケーションに必要な処理フローがあらかじめ組み込まれている。このためコーディング作業が少なく、開発者はビジネスロジックの実装に注力することができる。開発後の変更やカスタマイズが容易のため、運用後の保守性が高くTCO(総保有コスト)を削減できる。

●インメモリ・データグリッド(IMDG)テクノロジを採用
大量のデータを多数のサーバのメモリ上で分散して管理することにより、データの冗長化と信頼性が確保される。そのためシステム全体の可用性とパフォーマンスを劇的に向上させることが可能になるため、ビックデータ、ファストデータの業務利用をサポートできる。





スペック

製品名 Magic xpa Application Platform
メーカー Magic Software Enterprises
クライアント側OS Windows XP Professional
Windows Vista
Windows 7
Windows 8
iPhone 4/4S/5  iOS 5/6/7
iPad 2/iPad 3/iPad mini  iOS 5/6/7
クライアント側対応プロセッサ 各OSの最小クロック周波数以上
クライアント側必要メモリ容量 Magic xpa Enterprise Studio:各OSの最小メモリ
+512MB
Magic xpa Enterprise Client:各OSの最小メモリ
+128MB
クライアント側必要ディスク容量 Magic xpa Enterprise Studio:400MB
Magic xpa Enterprise Client:400MB
クライアント側その他動作環境 Microsoft .NET Framework 2.0 SP2以上
サーバ側OS Server 2003 (Standard, Enterprise)
Server 2008 (Standard, Enterprise) (x86及びx64) Server 2008 R2(Standard, Enterprise) (x64)
Server 2012 (Essentials/Standard) (x64)
サーバ側対応プロセッサ 各OSの最小クロック周波数以上
サーバ側必要メモリ容量 Magic xpa Enterprise Server:各OSの最小メモリ
+256MB
Magic xpa RIA Server:各OSの最小メモリ
+256MB
サーバ側必要ディスク容量 Magic xpa Enterprise Server:400MB
Magic xpa RIA Server: 400MB
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 全国800社のMagicパートナーが、様々な業種・業務アプリケーションを開発。スクラッチ開発でも、一般的な開発言語と比べても圧倒的に短期間でのアジャイル開発が可能。300種以上のパッケージソフトが流通し、3万社以上のユーザでの多くの実績。

※動作環境、サポートDBMS、OSの最新情報は下記を参照
http://devnet.magicsoftware.co.jp/magicxpa/magicxpa2/dbmsmagicxpa2/
製品サイトURL:http://www.magicsoftware.com/ja/magic-xpa-application-platform





製品・サービスの取扱い企業


マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
部署名:マーケティング部
住所:東京都新宿区北新宿2−21−1 新宿フロントタワー24階
TEL:03-5937−3300
FAX:03-5937−3330
e-mail:japan_solution@magicsoftware.com
URL:http://www.magicsoftware.com/ja


掲載企業


マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
住所:東京都新宿区北新宿2−21−1 新宿フロントタワー24階
TEL:03-5937−3300
FAX:03-5937−3330
e-mail:japan_solution@magicsoftware.com
URL:http://www.magicsoftware.com/ja