「入退室管理システム」に関する製品情報やサービスの比較・事例、セミナーやニュース

入退室管理システム

入退室管理システムとは、情報漏洩防止、部外者侵入排除、鍵管理の簡素化を実現するセキュリティシステム。管理する部屋のドアに入退室管理システムを設置し、社員ごとに与えられたカードキーを使って開閉する。開閉状況はシステムで検知されて記録される。

入退室管理システムの新着カタログ

入退室管理システムの新着セミナー

会議室予約管理システム比較セミナー

株式会社内田洋行

2018/12/13(木)15:00~17:30

  • 東京都
  • 無料
  • 定員なし
  • 物理セキュリティ

入退室管理システムの市場シェア情報

入退室管理システムの新着記事

入退室管理システムの基本機能とは?

入退室管理システムの基本機能は以下のとおり。
●本人認証
接触型または非接触型のICカードを対応するカードリーダーで読み取って権限を確認する。
●扉の開閉
自動ドア、電気錠、フラップ式ゲートなど各種のドア開閉装置や施錠機構により、入室可能な人だけを通し、そうでない人の侵入は防ぐ。
●入退室の記録
室内に誰が入り、誰が出ていったかを、その時刻とともに記録する。
●入退室情報の管理・分析
入退室情報の記録をレポート化したり、検索したりできるようにする。

入退室管理システムの導入メリットとは?

入退室管理システムの導入メリットとして、以下の3つが挙げられる。
●物理セキュリティの強化
入室を制限、管理することで建物、室内の物理的なセキュリティを強化する。

●人的コストの削減
出入り口付近にガードマンなどの監視員配置する人的コストを削減できる。

●社員行動の把握
入退室情報を記録、分析することで社員の行動を詳細に把握できる。