海外拠点とのビデオ会議も活発化、JA三井リースに学ぶ国境を越えた情報連携術

掲載日:2018/09/13


IIJグローバルソリューションズ

海外拠点とのビデオ会議も活発化、JA三井リースに学ぶ国境を越えた情報連携術
総合リース企業のJA三井リースは、グローバル展開を進める過程で、海外拠点との連携の課題に直面した。そんな同社が「国境を越えた情報連携」「海外拠点のガバナンス強化」「国際電話のコスト削減」を実現した方法とは?

 JA系と商社系の2つの特性を生かした総合リース事業を手掛けるJA三井リース。近年では、米国や東南アジアを中心にグローバル展開にも積極的に取り組んでいる同社だが、その過程では、海外拠点との連携やガバナンスに幾つかの課題を抱えていたという。

 その1つが、海外拠点とのコミュニケーションだ。国際電話や電子メールといった手段では、伝えられる情報に限界があるため、業務の停滞や意思決定の遅れが生じていた。また、海外拠点から本社サーバへのアクセスが容易でないことも、社内イントラの閲覧やファイルの共有といった情報連携を困難としていた。

 そこで同社が目指したのが、国内外の拠点を結び、ビデオ会議やVDIなどを円滑に利用できるネットワーク環境の構築だ。本資料では、同社が「国境を越えた情報連携」「海外拠点のガバナンス強化」「国際電話のコスト削減」といった成果を上げた取り組みから、海外拠点運用の最適解を探る。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 株式会社IIJグローバルソリューションズ


掲載企業 株式会社IIJグローバルソリューションズ

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037778


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ