200社超をまたぐ経営管理基盤を低コストで構築、NECが選んだ「2層化ERP」の実力

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 基幹系システム > ERP > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/09/14


日本電気

200社超をまたぐ経営管理基盤を低コストで構築、NECが選んだ「2層化ERP」の実力
200を超える大規模/中小規模のグループ企業を擁するNECでは、全拠点の経営情報を把握しグローバル経営を強化したいと考えていた。導入コストを抑えつつ柔軟性に優れた経営管理基盤を構築するため、同社が選んだ「2層化ERP」とは?

 200社超のグループ企業でサプライチェーンを構成するNECでは、業務プロセスの標準化を目指し、国内外に展開する56社にERPを導入していた。だが、グローバルな経営マネジメントや内部統制の強化の必要性を感じた同社は、残り全ての中小規模拠点を含む全拠点へ経営管理基盤システムを展開することに決めた。

 とはいえ、大規模拠点向けの従来のERPを全拠点に導入するのは、ROIの観点から最適な方法ではなかった。そこで同社が選んだのが、中小規模拠点向けのERPを別途導入し、大規模ERPとのデータ連携を図る「2層化ERP」というアプローチだった。これにより、ガバナンス強化、事業拡大/撤退への柔軟な対応、事業内容や企業規模にあわせた利用といった3つのメリットが期待できる。

 同社は2層目のERPでも既存の標準制度やルール、プロセス、コードを踏襲して運用するため、1層目の製品と同じ企業が提供するクラウドERPを選択。導入後は全拠点の経営情報をエンドツーエンドで把握できるようになり、経営層や現場などが意思決定の材料としてそれらを活用できるようになったという。そうした仕組みを構築した同社の取り組みを、本資料で詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本電気株式会社


掲載企業 日本電気株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037665


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ