「LANの見える化」で自治体の情報セキュリティを強化、一元管理の実現へ

掲載日:2018/08/27


ヤマハ

「LANの見える化」で自治体の情報セキュリティを強化、一元管理の実現へ
マイナンバー導入に伴い、総務省から「自治体情報セキュリティ緊急強化対策」が求められ、全国の自治体でネットワーク分離などが急務となった。ある自治体では庁内のLAN環境を「見える化」することでさまざまな課題を解決に導いた。

 長野県南部に位置し、同県で最も人口の多い町である箕輪町。同町では従来、保育園や地域の公民館などでネットワークトラブルが発生した場合、現地で状況を確認し、対策を携えて再度出向く、という二度手間が発生していた。また、VLAN構成が複雑化しており、妥当性も不明瞭で、年2回の設定変更は業者任せになっていた。

  2015年、総務省から「自治体情報セキュリティ緊急強化対策」が求められたことを機に、箕輪町役場は、職員たちによるネットワーク環境の一元管理に挑戦。スイッチやルーターを一新することで、環境の可視化を実現した。これにより、トラブルの切り分けと迅速な対応、VLANの簡便な設定変更が可能となった。 

 しかし、中小規模の自治体にとって、このような柔軟なネットワーク運用を実現するのは簡単なことではない。同庁はどのようにして「LANの見える化」を実現し、さまざまな課題を解決したのか。本資料でさらに詳しく見ていこう。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 ヤマハ株式会社


掲載企業 ヤマハ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037520


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ