IT運用やセキュリティ、医療研究──AI・機械学習の最前線で起きていること

掲載日:2018/08/10


Splunk Services Japan

IT運用やセキュリティ、医療研究──AI・機械学習の最前線で起きていること
企業内のマシンデータを“燃料”としてビジネスの動力に変えるAI・機械学習。IT運用向けの人工知能「AIOps」など企業内での活用も進んでいる。本資料では、年々期待が高まるAIや機械学習の最前線を探った。

 近年、人間を超える技術としてAIや機械学習を取り上げるニュースが散見される。期待される効果は幅広く、ビジネスインサイトを引き出し、多様な業務の所要時間を短縮し、プロアクティブなアプローチによって大量のリソース消費を回避できるという。では、活用企業の最前線では実際に何が起きているのだろうか。

 AI・機械学習による変化の波を受けた分野の1つに、IT運用がある。AIと機械学習、そしてビッグデータを統合したAIOps(IT運用向けの人工知能)によって、IT運用のさまざまなプロセスやタスクを改善・刷新できるシステムが登場し始めた。可用性やパフォーマンスの監視、イベントの相関付けと分析、ITサービスの管理と自動化などを劇的に少ない負担で、スピーディーに実行できるようになる。

 同様に、セキュリティや医療研究、マーケティングなど、AIと機械学習が存在感を増す分野は急速に広がっている。これらの技術は企業が自社のマシンデータから答えを導き出す上で、今後ますます重要な役割を担うだろう。本資料で、AIと機械学習の最新トレンド、そして企業が獲得しうるメリットをレポートする。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 Splunk Services Japan合同会社


掲載企業 Splunk Services Japan合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037330


IT・IT製品TOP > データ分析 > その他データ分析関連 > その他データ分析関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ