顧客ニーズの変化に対応、大手ITプロバイダーのアプリケーションインフラ刷新術

掲載日:2018/08/07


レッドハット

顧客ニーズの変化に対応、大手ITプロバイダーのアプリケーションインフラ刷新術
アプリケーションに対するニーズが急速に変化する今、企業はどのようなアプリケーションインフラを選ぶべきか。オープンソーステクノロジーをベースとするプラットフォームを導入したITプロバイダーの事例から、その手掛かりを探る。

 旅行業界を主な顧客とする大手ITプロバイダーでは、旅先の検索、フライトの予約、予約管理など、旅行にまつわるあらゆるサービスをワンストップで提供するための最新技術を提供してきた。同社では30ペタバイトを超えるストレージを持った大規模データセンターを擁し、そこで膨大な数のトランザクションを捌いてきたという実績がある。

 そんな同社ではあったが、近年は顧客からの要求で、リスクの軽減や多様な法的要件への対応が重視されるようになってきた。それに伴い、オンサイトで実行できるアプリケーションや、複数のデータセンターに分散できるアプリケーションへのニーズが高まっていた。そうしたニーズに応えるために同社が選んだのは、オープンソーステクノロジーをベースとしたプラットフォームだった。

 本コンテンツは、同社の新たなアプリケーションインフラ導入の経緯を追ったドキュメントだ。このプラットフォームにより、システムレイテンシの削減、インフラの可用性向上、自動化による業務効率化という理想的なソリューションを顧客に提供できるようになったという同社の事例をさらに詳しく確認していこう。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 レッドハット株式会社


掲載企業 レッドハット株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037299


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ