5年で1000万円超のコスト削減、某プロ野球球団のITインフラ管理術

掲載日:2018/08/01


ゾーホージャパン

5年で1000万円超のコスト削減、某プロ野球球団のITインフラ管理術
某プロ野球球団は本拠地のドーム内をはじめとしたインフラ監視を外部委託していたが、対応の遅れとコストが課題になっていた。これらを解消するため導入された、サーバ・ネットワーク監視ソフトの実力に迫る。

 某プロ野球球団は、本拠地であるドーム内に配置された200台以上の無線アクセスポイントをはじめ、サーバやルーターなど数百台のITインフラ機器を保有している。これらの監視・通報は外部に委託していたが、監視範囲が限定的なため対象外機器の障害対応が遅れがちで、従量課金によるコストも課題となっていた。

 これら2つの課題を解消すべく導入されたのが、サーバ・ネットワーク監視ソフトだ。これによりドーム内の全機器に対して、従来のpingだけでなく、CPU、メモリ、ディスク使用率などのリソース監視や、アプリケーションのサービスまで監視できるようになった。その効果は大きく、無線アクセスポイントが停止した際も、現場からの連絡が届く前に異常発生に気付けるほどになったという。

 このように障害対応を迅速化できたのには、通知メールのカスタマイズや監視対象機器の追加などが柔軟に行える、監視ソフトの充実した機能が大きく貢献している。このような導入効果を、本コンテンツで詳しく紹介する。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 ゾーホージャパン株式会社


掲載企業 ゾーホージャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037214


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ