深夜/休日の障害対応から担当者を解放、大手製造メーカーの予兆監視システム

掲載日:2018/08/01


ゾーホージャパン

深夜/休日の障害対応から担当者を解放、大手製造メーカーの予兆監視システム
某大手製造メーカーでは、オンライン注文システムが拡張する一方で、障害発生時の急なアラート対応によるスタッフの負荷増大が課題となっていた。深夜残業や休日出勤から彼らを解放するため、同社が取り入れた“予兆監視”の仕組みとは?

 全国の機械工具商や金物商、ホームセンターにプロツール(工場副資材)を販売する某大手製造メーカー。同社では取引先からの注文の多くをWebサイト経由で受けており、その注文システムの保守・運用を外部に委託。スタートから7年後の2012年にはサーバ台数も当初の10倍以上の60台に増え、順調に拡張を遂げているように見えた。

 しかし、その裏では運用スタッフが疲弊しきっていた。というのも、既存の監視ツールではシステムのパフォーマンス低下があっても障害発生後のアラートでしか知ることができず、それに対応するには深夜残業や休日出勤もやむを得なかったからだ。そうした状況を改善するため、同社は従来の「事後対応」ではなく、障害を「予兆監視」するシステムへの転換を検討することとなった。

 そこで選ばれたのが、3段階のしきい値を設定したパフォーマンス監視が可能な、新たなネットワーク監視ツールだ。それにより、障害の事前回避ができるようになり、深夜対応や休日出勤が激減。さらにワンクリックで作成できるレポート機能を活用し、ユーザーや上長への報告作業も楽になったという。ビジネスへの悪影響を最小化しつつスタッフの負荷を劇的に改善したツールの実力を、本資料で詳しく見ていこう。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 ゾーホージャパン株式会社


掲載企業 ゾーホージャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037165


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ