ネットワーク障害の原因を10分で特定、事例に学ぶ拠点間トラフィックの可視化

掲載日:2018/08/01
更新日:2018/08/17


ゾーホージャパン

ネットワーク障害の原因を10分で特定、事例に学ぶ拠点間トラフィックの可視化
某大手機械要素部品メーカーが、データ転送遅延やネットワーク障害の発生時に迅速な原因特定ができないことを課題としていた。そんな同社が「たった10分」で障害原因を特定できるようになったトラフィック解析ツールとは?

 某大手機械要素部品メーカーが、ビジネス拡大に合わせてIT環境を整備してきたが、ネットワーク運用管理の面では、拠点間通信におけるデータ転送遅延やネットワーク障害の原因を自力で特定できないことを課題としていた。

 そのためパケットキャプチャーの仕掛けとトラフィックデータの調査を外部の協力会社に依頼していたが、この方法では原因究明まで数日を要する。また、原因が分からないまま自然復旧することも多く、再発の防止という意味でもネットワーク運用管理の見直しが求められていた。

 そこで同社が注目したのが、直感的な操作でトラフィックの可視化と帯域の最適化ができるトラフィック解析ツールだった。このツールは、障害の原因をドリルダウンで分析できるため、どの端末がいつ、どの回線に負荷をかけたのかまで「たった10分程度で突きとめられる」という。本資料では、同社の事例を基にこの解析ツールの実力を探る。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 ゾーホージャパン株式会社


掲載企業 ゾーホージャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037163


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ