ヤマハ発動機の設計エンジニアが選ぶ、独自CADソフト稼働環境の「標準機」とは

掲載日:2018/07/25
更新日:2018/07/31


デル

ヤマハ発動機の設計エンジニアが選ぶ、独自CADソフト稼働環境の「標準機」とは
ヤマハ発動機では、設計エンジニアが使う内製CADソフト稼働環境のワークステーションを毎年約500台前後更改している。そうした中で、厳しい検証を経て毎年「標準機」として選ばれる製品があるという。

 独自開発CADソフトウェアの稼働環境として使用するワークステーションを5年周期で計画的に更改しているヤマハ発動機。同社では1年に1回、その年に更改対象となるCAD環境向けに会社標準のワークステーションを設定。その中からエンジニアが作業しやすいマシンを自由に選べるようにしている。

 内製CADソフトウェアは同社の設計業務を最適化するために、さまざまなカスタマイズが施されている。それ故に稼働するハードウェアが内製CADソフトウェアの要求事項を満たしているかを調査するために、各社のワークステーションの評価・検証は入念に行う。メーカーから評価機を借り、中に内製CADソフトウェアをインストールして問題がないものを「標準機」として選定しているのだ。

 管理するワークステーションの台数は、グループ全体で3000台強、ヤマハ発動機本体では約2500台に及ぶ。このうち更改対象になるのは、毎年約500台前後だ。そうした中で15年以上毎年標準機として選ばれ、2016年度には他社製品と比較して倍以上の台数が導入されているワークステーションがあるという。その製品が同社のエンジニアに選ばれる理由とは? 本コンテンツで詳しく見ていこう。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください。*
(2) あなたの立場をお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 デル株式会社


掲載企業 デル株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037138


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ