クレディセゾンなど9社に学ぶ「契約の電子化」、費用削減&業務改善の秘訣とは

掲載日:2018/08/01


弁護士ドットコム

クレディセゾンなど9社に学ぶ「契約の電子化」、費用削減&業務改善の秘訣とは
紙の契約書を作成し、郵送でやりとりしての保管は手間もコストもかかる。メルカリ、クレディセゾン、パーソルキャリア、フルスピードなど 9社の事例を基に、このような課題を解消するクラウド型電子契約サービスの導入効果を紹介する。

 紙の契約書には用紙・印刷・製本・郵送・印紙貼付・ファイリングなどさまざまなコストがかかり、封入・投函といった作業も発生する。紙であれば紛失や改ざんなどのリスクもあるだろう。そうしたコストや手間、リスクを減らすことを目的として、契約書の電子化を進める企業が増えている。

 そこで注目されているのが、導入コストを抑えつつ、契約内容の確認や実際の締結、契約文書の保管までを一貫して行えるクラウド型の電子契約サービスだ。例えば、クレディセゾンは、このサービスを活用することで、契約書作成・郵送・保管などのコスト削減と契約のスピードアップといったメリットを実感できたという。

 本資料では、紙の郵送やFAXでのやりとりを行わず、契約締結を全てオンラインで完結できるクラウド型電子契約サービスの特長を紹介する。同社に加えて、人材サービス会社のパーソルキャリア、広告代理店のフルスピードなどの9社の事例を基に、その導入効果を確認していただきたい。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 弁護士ドットコム株式会社


掲載企業 弁護士ドットコム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037127


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ