約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術

掲載日:2018/07/27


arcserve Japan

たった3人の運用管理者で45台のサーバを1日で移行 霧島酒造バックアップ事例
芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造は、クラウドや本社サーバ室で稼働する約45台のサーバのBCP運用コストに頭を悩ませていた。そこで、バックアップ製品を導入した同社は、ある興味深い方法で仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した。

 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。

 芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造もこのような課題に直面した企業の1つだ。同社は、それまで約45台のサーバシステムをクラウドサービスや本社サーバ室で稼働していたが、コスト負担が重くなったことから、3人の運用管理者だけでも事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策を効率的に実現する方法を模索していた。

 そこで注目したのが、サーバ調達の手間やメモリ・SSDなどのサイジングが不要なバックアップ専用アプライアンスだ。同社はこの製品の「ベアメタル復旧」機能を活用して、約45台のサーバをデータセンターの仮想化基盤に「リカバリー」してサーバ移行の手間と時間を大幅に軽減したという。この成功の鍵となった製品選びや機能の応用法について、さらに詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 arcserve Japan合同会社


掲載企業 arcserve Japan合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037114


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ