約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/07/27


arcserve Japan

たった3人の運用管理者で45台のサーバを1日で移行 霧島酒造バックアップ事例
芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造は、クラウドや本社サーバ室で稼働する約45台のサーバのBCP運用コストに頭を悩ませていた。そこで、バックアップ製品を導入した同社は、ある興味深い方法で仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した。

 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。

 芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造もこのような課題に直面した企業の1つだ。同社は、それまで約45台のサーバシステムをクラウドサービスや本社サーバ室で稼働していたが、コスト負担が重くなったことから、3人の運用管理者だけでも事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策を効率的に実現する方法を模索していた。

 そこで注目したのが、サーバ調達の手間やメモリ・SSDなどのサイジングが不要なバックアップ専用アプライアンスだ。同社はこの製品の「ベアメタル復旧」機能を活用して、約45台のサーバをデータセンターの仮想化基盤に「リカバリー」してサーバ移行の手間と時間を大幅に軽減したという。この成功の鍵となった製品選びや機能の応用法について、さらに詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 arcserve Japan合同会社


掲載企業 arcserve Japan合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「特権アクセス管理」していますか? トレンドからみる6つの対策ポイント

ハイブリッドクラウドが企業ITの現実解となるに伴い、セキュリティ管理の形も変化が求められる。なかでも、共有されがちな特権IDは権限も広く、不正アクセスに用いられ…

Active Directoryの変更履歴を管理。特権IDの操作を把握する

Active Directoryは特権ユーザーの運用次第で、組織に深刻な結果を招く可能性がある。もし、特権ユーザー操作の追跡が可能となれば、不適切な変更をタイム…

サイバー攻撃のリアル──重要データを盗み出された企業事例に学ぶ「5つの教訓」

サイバー攻撃の脅威が叫ばれる一方で、その被害を受けた組織がどのような混乱とダメージを味わうかは周知されていない。本資料は、大手企業の実際にあったデータ侵害事例を…

増加するWebアプリの弊害、ポリシーの一貫性やセキュリティを見直すべき理由

デジタルトランスフォーメーション推進の機運は、Webアプリケーションの導入において思わぬ落とし穴を生じさせている。急増するWebアプリケーションに一貫したセキュ…

WAF導入で知っておきたい勘所、最小の運用負荷で最大の効果を引き出す秘訣

WAFによる攻撃への対策は、建物と同様に抑止、防御、検知、対応というステップでのコントロールが重要だ。共通ルールをベースとした対策手法を基本に、シグネチャの活用…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

検知型マルウェア対策の限界――進化する脅威を防ぐエンドポイント防御の要件は

不正アクセスを検知できず、知らぬ間にマルウェアの侵入を許す企業が増える背景には、従来の検知型対策を回避する攻撃側の進化がある。そうした最新サイバー攻撃事情を踏ま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10037114


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ