利用者への制約なくセキュリティ強化、沖縄科学技術大学院大学に学ぶSIEM活用術

掲載日:2018/07/18
更新日:2018/08/08


日本アイ・ビー・エム

利用者への制約なくセキュリティ強化、沖縄科学技術大学院大学に学ぶSIEM活用術
システム環境は、一般にセキュリティを高めるほど利用者に対して多くの制限を強いることになる。そこで重要になってくるのが、いかにしてセキュリティを担保しつつ、柔軟で快適なシステム環境を構築するかだ。事例を基にその秘訣を探った。

 世界中から集まった学生と教職員が研究活動に取り組んでいる沖縄科学技術大学院大学。同大学では、学生と教職員に厳しい制約を課すことなく、利用者がストレスを感じない快適で柔軟なシステム環境の構築を目指している。研究活動を支援する上で、これが重要なポイントとなるからだ。

 そこで同大学では、SIEM(Security Information and Event Management)によってサイバー攻撃に関する多種多様なイベントログを一元管理。これを分析することで、さまざま脅威をリアルタイムに検知し、速やかに対応している。しかし、以前、利用していたオンプレミス環境のSIEMは、運用面の負荷の高さに課題を抱えていたという。

 この課題を解消すべく、同大学はクラウドベースのSIEMに注目。中でも、多様なシステムのイベントログをカスタマイズすることなく取り込める製品を導入することで、運用負荷の軽減と内部不正への対策強化を実現したという。本資料では、同大学の事例を基にクラウド型SIEMの特長や導入効果を紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10036975


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ