仮想ブラウザによるインターネット分離〜失敗しないための3つのポイント〜

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/07/11


アシスト

仮想ブラウザによるインターネット分離〜失敗しないための3つのポイント〜
マルウェアの主要な感染源であるブラウザをセキュアにする手法として注目されるのが、仮想ブラウザによるインターネット分離だ。VDIや物理分離よりコスト・利便性に優れるこの手法を的確に導入するための3つのポイントを解説する。

 マルウェアの主要な感染源となるブラウザやメールをセキュアにする手段として、「仮想ブラウザ」によるインターネット分離の採用が増えている。論理分離という手段は仮想デスクトップサーバ(VDI)も同様だが、高スペックのサーバや一定の運用負担も必要になる。「仮想ブラウザ」によるインターネット分離なら、利便性を保ったまま、低コストに安全性を確保できる。

 だが、「仮想ブラウザ」はただ導入すればよいというものではない。期待するセキュリティレベルの設定と、それに見合う特長・機能を有した製品を選ぶのはもちろん、ユーザビリティの設定、予算内での導入の可能性も重要なポイントになる。また、既存環境や条件によってコストが変動しやすいため、事前にしっかりとコスト試算を行わなければ、思わぬコスト負担を強いられることもある。

 本資料では、「仮想ブラウザ」によるインターネット分離の導入を失敗しないために考慮すべき3つのポイントと、そのニーズに応えるツールを紹介する。標的型攻撃の対策としても注目を集めるインターネット分離、中でも仮想ブラウザの導入のポイントを詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社アシスト


掲載企業 株式会社アシスト

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Windows Server 2008のサポート終了――クラウド化に振り切るべき理由とは

Windows Server 2008のサポート終了が迫り、Azure化を検討する企業は多い。しかし、クラウド移行の課題は際限なく湧き上がる。効率的なAzure…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

IT部門に負荷なく「働き方改革」を成功させる、安全なICT環境の構築方法

「働き方改革」の実現には、ICTを活用した生産性向上が欠かせない。しかしPCの持ち出しや貸与などを行えば、情報漏えいリスクやIT部門の負荷増大を招く。こうした課…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10036884


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ