システム構成例で解説、海外拠点接続の回線品質とコストの課題を解決する方法

掲載日:2018/07/12
更新日:2018/08/10


ベル・データ|日本アイ・ビー・エム

システム構成例で解説、海外拠点接続の回線品質とコストの課題を解決する方法
海外拠点を接続するシステムの構築にあたり、課題となるのが回線品質とコストの兼ね合いだ。インターネットVPNは安価だが回線品質に課題があり、専用線は高速で安定しているが高価となる。この課題を解決する方法はあるのだろうか。

 拠点間を接続するシステム構築で課題となるのが、回線品質とコストの兼ね合いだ。インターネットVPNは安価だが、回線品質やパフォーマンスに課題があり、専用線サービスは回線品質や信頼性が高いものの運用コストが高くつく。

 このネットワークの問題は、海外に拠点を持つグローバル企業にとって、より切実になる。一般的なクラウドサービスを利用したとしても、異なるデータセンター間に配置されたサーバ間通信は有料であるため、海外拠点とのネットワーク転送の従量課金はどうしても気になるところだ。

 本資料では、そうした課題の解決に有効な、柔軟なネットワーク環境を提供するクラウドサービスを紹介する。世界40拠点のデータセンター間をつなぐ、高速・広帯域の専用線は“無料”で利用できるため、グローバル展開のシステム構築コストを大幅に削減できる。本資料では、海外拠点接続の実際の構築例を交えつつ、その詳細を解説する。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください*
(2) 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?*
(3) システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?*
(4) 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?*
(5) IBMおよびIBMの子会社、関連会社、ベル・データ株式会社から、製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。





製品・サービスの取扱い企業 ベル・データ株式会社 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 ベル・データ株式会社 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール

スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。

“オールペーパーレス”は理想郷? “デジタル化”の初手を知る

働き方改革への苦労は多い。人手やコストをかけずに身近な業務をIT化したいがこれまでの「紙文化」にもなるべくフィットさせたい。要望をかなえる方法は?

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10036591


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ