東かがわ市のVDI環境、インターネット分離と運用負荷軽減を同時に解決する方法

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 仮想化 > VDI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/06/13
更新日:2018/06/20


日本電気

東かがわ市のVDI環境、インターネット分離と運用負荷軽減を同時に解決する方法
文部科学省の教育情報セキュリティポリシーに関するガイドラインの発表で改めて注目されているのが、3年前、総務省が各自治体へ対応を求めたインターネットの分離だ。導入コストと運用負荷の低減を実現した、東かがわ市の事例を紹介する。

 総務省から全国の自治体に通達された、セキュリティ強化の要請に対応するため、香川県東かがわ市では、VDIの活用を決定した。職員のクライアントごとに仮想マシンを用意し、LGWAN(総合行政ネットワーク)系とインターネット系のネットワークを論理的に分離することで当初の目標を達成した上、高いセキュリティを確保することはできた。一方でVDI基盤を全職員分用意することは、OSやアプリのライセンス、運用管理の面で膨大なコストを生むという新たな課題が浮き彫りになった。

 本コンテンツでは、ネットワークの分離、コストと運用負荷の低減に取り組んだ東かがわ市の事例を紹介している。「VMware vSAN」を搭載したハイパーコンバージドインフラストラクチャ VDIモデルを採用し、インターネット利用を仮想マシン上で実行するセキュアな環境を構築。コスト面の問題については、OSやアプリを複数ユーザーで共有できる仮想デスクトップ方式の1つであるSBC(Server Based Computing)をVDIと併用することで解消したという。ユーザーニーズに応え、最適なソリューションを提案したベンダーの役割にも注目したい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本電気株式会社


掲載企業 日本電気株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10036578


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ