データ分析の正確性を左右する、「bot」とユーザーのトラフィックの見分け方

IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > WEB構築 > アクセス解析 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/06/14
更新日:2018/07/23


F5ネットワークスジャパン

データ分析の正確性を左右する、「bot」とユーザーのトラフィックの見分け方
サイトのアクセスデータは、ビジネスの意思決定の根拠となり得るが、「bot」と人間のアクセスを見分けることができなければ、データの価値は損なわれる。正規のユーザートラフィックだけを抽出し、正確なデータ分析を可能にする方法とは?

 ビッグデータの活用をはじめ、データ分析の重要性がますます高まりを見せている。特にサイト訪問者の流入経路や滞在時間、広告やバナーをクリックしたかどうかといったデータは、ビジネスの意思決定の根拠となり得る。だが、そこから得られるインサイトの価値は、収集しているデータが適切なものでなければ、大きく下がってしまう。

 データの正確性を揺るがす原因の1つに、ネットワークトラフィックの大半を占めるといわれる「bot」によるアクセスがある。botの目的はマッピングなど有益なものからDDoS攻撃のような悪意のあるものまでさまざまだが、そうしたbotトラフィックと正規のユーザートラフィックを正しく見分けることができなければ、正確なデータ分析を行うことは難しくなる。

 ただし、botと人間のトラフィックを区別するために過度なセキュリティコントロールを行うことは、ユーザーにストレスを与えてしまう可能性もある。本コンテンツでは、その状況の打開策として、サイトトラフィックを管理し、自動化されたアクセスと実際の人間のアクセスを分けてフィルタリングする効果的な方法を紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 F5ネットワークスジャパン合同会社


掲載企業 F5ネットワークスジャパン合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Windows Server 2008のサポート終了――クラウド化に振り切るべき理由とは

Windows Server 2008のサポート終了が迫り、Azure化を検討する企業は多い。しかし、クラウド移行の課題は際限なく湧き上がる。効率的なAzure…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

IT部門に負荷なく「働き方改革」を成功させる、安全なICT環境の構築方法

「働き方改革」の実現には、ICTを活用した生産性向上が欠かせない。しかしPCの持ち出しや貸与などを行えば、情報漏えいリスクやIT部門の負荷増大を招く。こうした課…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10036512


IT・IT製品TOP > WEB構築 > アクセス解析 > アクセス解析の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ