GDPR順守の第一歩、情報漏えいを防ぐ「アプリケーションセキュリティ」の実現法

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/06/14
更新日:2018/07/23


F5ネットワークスジャパン

GDPR順守の第一歩、情報漏えいを防ぐ「アプリケーションセキュリティ」の実現法
GDPRの施行により、欧州だけでなく国内の企業にもこれまで以上のコンプライアンス対応とセキュリティ対策が求められている。情報漏えいの主な原因であるアプリケーションを狙った攻撃を防ぐには、多層的な防御戦略が必要だ。

 増加の一途をたどる情報漏えい事件。その主要な原因の1つが、多くの個人データを処理・保存するアプリケーションを狙ったサイバー犯罪の増加だ。もちろん組織はこれまでもアプリケーションおよびそのユーザーの個人データを保護することに取り組んできたが、今後は新たなアプリケーション保護戦略の設計が必要になる。

 その理由は、2018年5月に施行されたEU一般データ保護規則(GDPR)の存在だ。違反に対して厳しい制裁金が課せられるGDPRの影響は、欧州圏だけでなく取引のある全ての組織に及ぶため、国内でも準拠対応は欠かせない。そのためには、特に狙われやすいアプリケーションを脅威から守ることが重要というわけだ。

 本コンテンツでは、GDPRの概要とともに、その準拠に欠かせないアプリケーション保護のポイントを紹介する。Webアプリケーションファイアウォール(WAF)を用いた情報漏えい対策など、今後の多層防御戦略の鍵となる技術をぜひ確認してほしい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 F5ネットワークスジャパン合同会社


掲載企業 F5ネットワークスジャパン合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Windows Server 2008のサポート終了――クラウド化に振り切るべき理由とは

Windows Server 2008のサポート終了が迫り、Azure化を検討する企業は多い。しかし、クラウド移行の課題は際限なく湧き上がる。効率的なAzure…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

IT部門に負荷なく「働き方改革」を成功させる、安全なICT環境の構築方法

「働き方改革」の実現には、ICTを活用した生産性向上が欠かせない。しかしPCの持ち出しや貸与などを行えば、情報漏えいリスクやIT部門の負荷増大を招く。こうした課…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10036511


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ