マニュアル・eラーニングコンテンツ 自動作成ソフト「Dojo」

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 運用管理 > その他運用管理関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2018/06/29

上場企業の約30%が利用。マニュアル作成工数の98%を削減できるツールとは?
 情シスが、負担を少しでも軽くしたいと願う業務には、どのようなものがあるだろうか。

 多くの情シス担当者が、第一に挙げるのは、マニュアル作成や業務手順書の作成ではないだろうか。新しいITシステムが導入されるたびに、情シスには、社内ユーザー向けに操作マニュアルや業務手順書の作成という作業が必然的に伴う。このマニュアル作成を全て手作業で行うとなると、膨大な時間と労力を費やさなければならない。

 また、開発現場では、テスト/検証業務に割かれる工数の多さが課題として挙げられる。テスト/検証に時間がかかるため納期が延び延びになってしまったり、開発納品物の仕様確認用の資料や不具合再現手順書などの作成などに追われてしまったり……。テスト/検証業務の負担を軽くしたいと思う開発担当者は少なくないだろう。

 これらの情シスの負担を軽減するため、2400社を超える企業、東京証券取引所上場企業の約30%(2018年3月現在)は、あるツールを導入し、各種マニュアル作成から、テスト/検証業務の効率化、効果的な教育/管理、さらにはJ-SOX法に基づく内部統制の徹底まで、さまざまなシーンで業務効率化、社員教育などに活用している。その導入効果は、マニュアル作成において、何と「最大98%もの工数を削減可能」というものだ。

 さらに、最近急速に実用化が現実味を帯びてきたAIやロボット活用、いわゆるRPARobotic Process Automation)においても、そのツールは必要不可欠なものになりつつあるという。

 このように利用価値が高いツールとは、いったいどのようなツールなのだろうか……?

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「マニュアル・eラーニングコンテンツ 自動作成ソフト「Dojo」 /上場企業の約30%が利用。マニュアル作成工数の98%を削減できるツールとは?」 (全文)では、「マニュアル・eラーニングコンテンツ 自動作成ソフト「Dojo」 」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「マニュアル・eラーニングコンテンツ 自動作成ソフト「Dojo」 」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

教育・医療だからこそ安定運用の仮想化基盤を――慶応義塾が見いだした最適解 【ニュータニックス・ジャパン】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
教育・医療だからこそ安定運用の仮想化基盤を――慶応義塾が見いだした最適解 データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社テンダ


掲載企業 株式会社テンダ

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール

スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。

“オールペーパーレス”は理想郷? “デジタル化”の初手を知る

働き方改革への苦労は多い。人手やコストをかけずに身近な業務をIT化したいがこれまでの「紙文化」にもなるべくフィットさせたい。要望をかなえる方法は?

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10036420


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ