DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方

IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 仮想化 > 垂直統合型システム > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/05/18
更新日:2018/06/25


日本ヒューレット・パッカード

DevOpsの応用でインフラを迅速化、注目手法「Infrastructure as Code」の始め方
DevOpsで迅速化するアプリケーション開発のスピードに、ITインフラが追随するための手法として注目される「Infrastructure as Code」。管理ツールの普及で現実的となったその自動化手法の概要と、効果を最大化する方法を紹介する。

 DevOpsの定着でアプリケーション開発が迅速化される一方、安定稼働が重視されるITインフラはこれまで自動化が進まず、迅速化からは程遠い存在だった。しかし近年では、ITインフラにも仮想化やソフトウェア定義といった技術が取り入れられ、状況が変化してきている。

 そこで注目されているのが、インフラをコードベースで管理する「Infrastructure as Code(インフラのコード化)」だ。この手法では、DevOpsの考え方を取り入れ、インフラのデプロイ・運用をライフサイクル管理で自動化。これにより、インフラにDevOpsのスピードに追随できる俊敏性を与えられるほか、リスク軽減やコスト削減も実現できる。

 しかし、自動化の効果を最大限発揮するためには、リソースの制約に縛られない、高い柔軟性を備えたシステム基盤も重要になってくる。インフラ管理を効率化するツールも充実した現在、「Infrastructure as Code」は多くの企業にとって現実的な選択肢となってきた。本資料を活用して、そのメリットと活用方法を探ってみてほしい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本ヒューレット・パッカード株式会社


掲載企業 日本ヒューレット・パッカード株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035762


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ