国内外子会社の資金を可視化、為替リスクにも対応できる財務管理システムとは

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 基幹系システム > 会計システム > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/05/16


キリバ・ジャパン

国内外子会社の資金を可視化、為替リスクにも対応できる財務管理システムとは
クラウド型の財務管理システムを導入し、大きな成果を上げているグローバル企業がある。JVCケンウッドは、子会社の資金をリアルタイムで可視化し、必要運転資金の見極めや資金繰りの精度向上などを実現している。その秘訣を探った。

 世界20カ国以上で事業展開するJVCケンウッドにとって、70社以上に上る国内外の連結子会社の資金を可視化・集約することは重要なミッションだ。そのために同社が注目したのが、全社の資金をリアルタイムで把握・管理できるクラウド型財務管理システムだった。

 その導入効果は大きい。子会社が利用する約250の口座をリアルタイムでモニタリングできるようになり、可視化率は90%以上に向上した。何より重要なのは、可視化された資金情報の活用だ。必要運転資金の見極めや資金繰りの精度が向上したほか、資金をキャッシュマネジメントシステムに集約することで借入金や支払利息などの大幅な削減にも成功した。

 さらに、このシステムを活用することで、グローバル企業に付き物の為替リスクをリアルタイムに把握した上で本社が一元管理する体制に取り組んでいるという。同社の事例は、グローバル企業はもちろん、グローバル展開を視野に入れている成長企業にとっても大いに参考になるだろう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 キリバ・ジャパン株式会社


掲載企業 キリバ・ジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035691


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ