財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 基幹系システム > 会計システム > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/05/16
更新日:2018/06/27


キリバ・ジャパン

財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野
ビジネス環境の変化に伴って、財務担当者が抱える課題も複雑かつ多様になっている。それらの課題を解決し、財務面から競争優位性を築くために注力すべきことが7つある。本コンテンツを基に競争優位性を高めるヒントを探ろう。

 財務担当者に求められる役割といえば、資金の効率的な管理や運転資本の最適化などが思い付く。しかし、企業経営を取り巻く環境が急速に変化する昨今では、外部不正から会社を守ったり規制変更をビジネスに生かしたりと、環境の変化によって生まれるさまざまな課題を克服していく役割も求められている。

 ここで競争上の優位性を得るために注力したい分野が7つある。そのうちの1つが、「不正行為の防止と検知の向上」だ。サイバー攻撃が高度化し、多くの企業が不正支払いなどの被害を受けているが、財務担当者が多様な攻撃の手口を理解し、適切なセキュリティ対策を講じれば、リスクを大幅に軽減することができる。

 また、複数の当事者間で債権と債務を相殺し、その差額を決済することで債権・債務関係を消滅させる「ネッティング」を活用すれば、銀行手数料などのコストを削減するだけでなく、決済リスクを取り除くこともできる。本資料では、特に財務担当者が「7つの分野」に取り組むべき理由と、その効果について詳しく解説する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 キリバ・ジャパン株式会社


掲載企業 キリバ・ジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035689


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ