リアルタイムデータに基づく意思決定と製品力向上を支えるストレージ基盤とは

IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > その他ストレージ関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/03/13


日本アイ・ビー・エム

リアルタイムデータに基づく意思決定と製品力向上を支えるストレージ基盤とは
これからの時代のビジネスを勝ち抜くためには、膨大なリアルタイムデータを迅速に分析・活用できるIT環境が必須となる。世界を舞台に活躍するレーシングチームの導入したソリューションを例に、IT基盤の理想像を探る。

 急速に変化し続ける現代のビジネスを勝ち抜くためには、業務に関連する膨大なデータを、いかに効率的に収集・分析して生かせるかがポイントになる。その実例の1つが、F1レースだ。実はF1チームが勝ち抜く要因の1つに、設計と解析がある。国際自動車連盟が事前シミュレーションの計算量を制限しているほど、その効果は大きい。

 このため、チームは最高のF1カーを用意するのはもちろん、シミュレーション用のITリソースにも高性能と最大限の効率を追求する必要がある。これはレース中も同様だ。何百もの車載センサーからリアルタイムに得られる膨大な量のデータを収集・分析し、調整方法やレース戦略、コンポーネントの改良に生かすことがマシンの最適化と競争力強化につながるのだという。

 本コンテンツでは、F1有数のチームの1つ、Red Bull Racingが構築したIT基盤を通じて、リアルタイムのビッグデータ活用を効率的にするためのストレージソリューションについて詳細に解説する。日々テラバイト規模のデータが生成されるという環境を、どのようなIT基盤が支えているのか、詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール

スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。

“オールペーパーレス”は理想郷? “デジタル化”の初手を知る

働き方改革への苦労は多い。人手やコストをかけずに身近な業務をIT化したいがこれまでの「紙文化」にもなるべくフィットさせたい。要望をかなえる方法は?

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035527


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ