120時間の作業がわずか15時間に――ExcelとETLツールの連携で業務効率化を実現

IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > ETL > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/03/14


ユニリタ

120時間の作業がわずか15時間に――ExcelとETLツールの連携で業務効率化を実現
脱Excelで業務効率化を試みる企業がある一方で、Excelを使ったままその目的を達成している企業がある。120時間の作業時間を15時間まで削減した企業の事例から、Excel業務とETLツールの連携で業務プロセスの最適化を図る方法を探った。

 電気設備工事や生産設備の自動制御のほか、太陽光発電システムの計測・監視・表示装置などを提供する「東海EC株式会社」は、早くから社内業務のIT化を推進し、業務の効率化を図ってきた。しかし、データの集計業務に関しては、Excelを使い手作業で行っていたこともあり、生産性の面で大きな課題を抱えていた。

 そこで同社は、集計作業の自動化・高速化を目的に、ETLツールを導入。大幅な業務変更が生じないよう、利用者のインタフェースとしてExcelを利用することを条件とし、ツールを選定した。ETLツール導入によって得られた効果は大きく、月間120時間かかっていた集計作業をわずか15時間にまで削減。業務内容の変更に抵抗を感じていた社員の意識も変わり、一人一人が業務効率の向上に取り組むようになったという。

 本コンテンツでは、ETLツール導入前と導入後の業務フローを比較しながら、Excel業務と連携させたETLツール活用法を紹介。脱Excelの動きがある中、Excelを使ったまま既存の業務フローを変えることなく、業務効率化と組織活性化の両方を実現するヒントとなるだろう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社ユニリタ


掲載企業 株式会社ユニリタ

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035456


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ