産業向けのAR/VRコンテンツでビジネスを展開するために必要なものとは?

掲載日:2018/03/07
更新日:2018/07/25


デル

産業向けのAR/VRコンテンツでビジネスを展開するために必要なものとは?
従来の3DCGの2倍以上の処理能力が必要となるAR/VRコンテンツを制作するには、高度な処理能力を備えた最新ワークステーションの導入が不可欠。作業効率の向上と制作コストの削減を実現して、AR/VRのビジネス価値を高めたい。

 テクノロジーの進化に伴い、映像コンテンツの世界も大きな変化を遂げた。2D/3Dグラフィックだけでなく、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)といった今までにない体験をもたらす技術を使ったコンテンツが登場。エンターテインメント分野のみならず、広告分野での活用やエミュレータをはじめとした産業向けのコンテンツとしても注目を集めている。

 AR/VRのコンテンツを制作するには、高度な処理能力を備えたワークステーションが必要となる。AR/VR制作の要求に満たない開発環境では、速度、安定性の面で十分なパフォーマンスが発揮できず、その結果制作時間は長くなり、制作コストも高くなってしまう。

 本資料では、最新のワークステーションを導入し、VRを利用した産業用大型ドローンエミュレータを効率的に開発した企業の事例を紹介。クオリティーの高いコンテンツを制作できるようになっただけでなく、制作工程の改善により従来の10分の1から20分の1の原価率を達成するなど、高性能ワークステーションを導入するメリットが確認できる。最先端の映像コンテンツを使ってビジネスを展開したい企業担当者はぜひ参考にしていただきたい。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) お客さまにPCを提案される際、重視される点を3つまでお選びください。*
(2) お客さまへPCを提案する予定時期を選択してください。*
(3) お客さまへ提案を予定/検討している端末の種類を、いくつでもお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 デル株式会社


掲載企業 デル株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035427


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ