故障やエラーも事前に予測、OpenStackの信頼性を高めるフレームワークとは?

IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > データセンター運用 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/03/07


インテル

故障やエラーも事前に予測、OpenStackの信頼性を高めるフレームワークとは?
競争の厳しい通信業界において、サービス中断からの迅速な回復は極めて重要だ。TataCommunicationsは、ハードウェア故障、メモリおよびCPUエラーなどの予測も可能とする次世代型データセンターへと移行することで、この課題を解消した。

 Tata Communicationsはインド発祥のネットワークソリューションを提供するグローバル企業だ。同社のデータセンターサービスにはプライベートクラウド、仮想化プライベートデータセンター、企業向けクラウドなどがある。

 競争の厳しい通信業界の中、同社は新たなソフトウェアデファインドデータセンター(SDDC)を立ち上げるにあたり、HDDの故障やメモリエラー、流入と流出の情報、CPUエラーなど、データセンターのコンポーネントのエラーに関する情報を収集するアーキテクチャを必要としていた。そこで注目したのが、OpenStackとの組み合わせで、パフォーマンスやセキュリティ、拡張性に優れたプラットフォームを実現するフレームワークだ。

 これにより、データ収集と活動の監視が強化され、しきい値を超えた際には、ワークロードを他のノードに移動するなどの対策が行える。さらに、コアプラットフォームのデータを分析することで、各コンポーネントのエラー発生も予測可能になったという。同社がどのようにSDDC導入を成功させたのか。さらに詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 インテル株式会社


掲載企業 インテル株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035424


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ