仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避

IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > NAS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/03/02
更新日:2018/04/19


富士通|ティントリジャパン

仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避
仮想マシンの増加が続くと、仮想化環境全体のパフォーマンスが低下し、やがて顧客サービスなどに影響を及ぼすようになる。この課題に直面したTKCの事例を基に仮想化環境に適したストレージ基盤について考えたい。

 仮想化環境の導入時に見落とされがちな課題の1つに、仮想マシンの増加に伴うストレージ性能の低下がある。この状態に陥ると、一部の仮想マシンの負荷増大が、他の仮想マシンを圧迫し、連鎖的な性能低下が生じるようになる。もし、システムが業務と直結しているのであれば、その次に訪れるのは“顧客サービスの低下”だ。

 会計事務所や地方公共団体に情報サービスを提供するTKCも、仮想マシンの急増によりこの課題に直面した。レイテンシ値を20ミリ秒に設定してもエラーが頻発するのだが、仮想マシンの性能を可視化できていなかったため、原因の判別すらできない状況だった。

 そこで約1カ月間の検証の末、仮想化環境に特化したストレージを導入した。その結果、レイテンシ値が10ミリ秒でも「エラー件数はゼロ」になったという。このような効果をもたらした「仮想化環境専用ストレージ」とは何か? それを知る上で、同社の検証結果と運用実績は有用な資料となるはずだ。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 富士通株式会社 ティントリジャパン合同会社


掲載企業 富士通株式会社 ティントリジャパン合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035371


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ