提供サービスの質と効率を両立 ITIL対応のITサービス管理基盤の構築術

掲載日:2018/02/14


ゾーホージャパン

提供サービスの質と効率を両立 ITIL対応のITサービス管理基盤の構築術
ITをビジネスの発展に生かすには、ビジネス部門が必要とするITサービスの安定した提供と継続的改善が欠かせない。これらの実践を支援するのが、ITIL準拠のITサービスマネジメントツールだ。

 ITサービスの安定した提供と継続的な発展において現在、欠かせないポイントとなっているのが、「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」である。ITILは、ITサービスマネジメントにおける成功事例を体系化した書籍群(ガイドライン)で、ITILに基づいた専門ツールを導入できれば、効果的なPDCAサイクルを築ける。

 本資料では、ITILの実践をサポートするITサービスマネジメントツールの機能や導入メリット、コストなどの詳細を詳しく解説している。ITILの実践は、Excelやメールツールなどの運用でカバー可能な部分もあるが、専用ツールなら、あらかじめITIL準拠の項目が用意されており、管理者の設計・構築・運用の負担を減らし、工程を削減できる。

 例えば、インシデント・問題・変更管理では、イベント・障害発生の通知からその原因を突き止め、再発を防止するまでの流れがITIL準拠で体系化されている。ITILの要件がフロー化されているので、特別なトレーニングをしなくても簡単な操作でイベント・障害対応作業を効率化できる。また、レポート機能でIT部門のパフォーマンスの確認や改善ポイントの分析も可能だ。本資料でその詳細を確認してほしい。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 ゾーホージャパン株式会社


掲載企業 ゾーホージャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「BIがあるはず」と言われても「Excelのほうが早い」……なぜ?

BIがあるのになぜか週末のデータ集計はExcelで集計。「そのBIは使い勝手が悪く全く活用されていない」と担当者は言う。BIを使えば、週末のドタバタ劇を回避でき…

誰が“情シス不要”なんて言い出した? ノンプログラミング開発ツール導入事例

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

職場管理の5SはやってもITは野放し? ファイルサーバ管理編

意識的に改善を続けないと破綻しやすいファイルサーバの運用管理。実は、職場環境のおなじみのスローガン「5S」は、IT環境にも効果的だということをご存じですか。整理…

多くの情シスが口をそろえる「こんなSFAは導入したくない」

SaaS型SFAの登場により、営業部門が自らの手で導入するケースが増え、情シスの負担も軽減されているかと思いきや、実運用に入った段階で「改修依頼で負担は増えてい…

リソース追加で作業能力が直線的に向上、次世代オールフラッシュは何が違うのか

サーバやネットワークのパフォーマンス向上により、ストレージが新たなボトルネックとなり始めた。そこで、従来のNASシステムやフラッシュアレイの課題を解消するものと…

次世代型ハイパーコンバージドインフラを支える、シスコの先端技術とは?

企業内ネットワークやマルチクラウド環境における運用管理とセキュリティの課題を解消する技術として注目される「Cisco DNA」と「Cisco Intersigh…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035188


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ