シンプルなレポートサービスを活用し、ファイアウォールの運用状況を可視化

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/02/13


日本テレマティーク

シンプルなレポートサービスを活用し、ファイアウォールの運用状況を可視化
高価なファイアウォールを導入したが、さまざまな理由から運用状況の報告に必要なレポートの作成を行えないというケースが多いという。そういった企業は、レポート作成のアウトソーシングを検討すると良いだろう。

 運用にコストをかけられない、他の業務が忙しくて手が回らない、担当者のスキルが足りない、などの理由から、高価なファイアウォールを導入しても定期レポートの作成を行えていないケースが多いという。本コンテンツは、そういった企業向けに用意されているファイアウォールの定期レポートサービスの詳細を解説している。

 定期レポートは、機器の導入効果の確認やセキュリティ戦略の推進などにも利用されるなど、セキュリティ対策を行っていく上で重要だ。これをアウトソーシングすることで、毎月の運用状況の可視化を必要最小限のコストで行えるようになる。また、上層部への各種説明にも活用でき、将来のセキュリティマネージドサービスの導入に向けた現状の把握も行える。さらには、他の業務への稼働を確保しつつ運用も行えるため、働き方改革につなげることもできる。

 ファイアウォールの運用状況を可視化できていない企業だけでなく、ネットワーク監視サービスやSOC(Security Operation Center)は高価でハードルが高いと感じている企業に導入を検討してほしいサービスだ。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本テレマティーク株式会社


掲載企業 日本テレマティーク株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035165


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ