財務会計システムの刷新、そのために必要とされた新たなインフラの姿とは?

掲載日:2018/02/13


レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ

財務会計システムの刷新、そのために必要とされた新たなインフラの姿とは?
2019年10月に予定されている消費税率の変更、それに伴う軽減税率制度への対応が急務となった企業が選んだのは、オンプレミスのハイパーコンバージドインフラだった。事例から、その背景と導入によってもたらされたメリットに迫る。

 消費税率の変更、それに伴う軽減税率制度の施行が間近に迫っている。その対応のため、新たな財務会計システム基盤の導入やインフラの刷新を検討している企業も多いことだろう。本コンテンツで紹介する事例は、財務会計システム基盤としてクラウドではなく、新たにオンプレミスのサーバを導入したケースだ。

 事例の企業では当初、財務会計システム基盤をクラウドに移行することを検討していた。しかし、5〜6年のスパンで試算した場合、運用コストは現状のシステムの2倍以上になったという。システムが10年以上持つこと、スケールアップの手間とコストが少ないこと、他システムを統合できるだけの余地があることなどを条件にした結果、オンプレミス運用が決定した。

 本コンテンツでは、事例の企業がハイパーコンバージドインフラをオンプレミスで運用することになった経緯が紹介されている。インフラ刷新を機に全国拠点の財務会計システムを統合したい、将来を見据えた仮想化基盤を構築したいといったさまざまな要求がある中、驚異的な短期間で導入、運用を実現した背景に迫る内容となっている。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社


掲載企業 レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「BIがあるはず」と言われても「Excelのほうが早い」……なぜ?

BIがあるのになぜか週末のデータ集計はExcelで集計。「そのBIは使い勝手が悪く全く活用されていない」と担当者は言う。BIを使えば、週末のドタバタ劇を回避でき…

誰が“情シス不要”なんて言い出した? ノンプログラミング開発ツール導入事例

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

職場管理の5SはやってもITは野放し? ファイルサーバ管理編

意識的に改善を続けないと破綻しやすいファイルサーバの運用管理。実は、職場環境のおなじみのスローガン「5S」は、IT環境にも効果的だということをご存じですか。整理…

多くの情シスが口をそろえる「こんなSFAは導入したくない」

SaaS型SFAの登場により、営業部門が自らの手で導入するケースが増え、情シスの負担も軽減されているかと思いきや、実運用に入った段階で「改修依頼で負担は増えてい…

リソース追加で作業能力が直線的に向上、次世代オールフラッシュは何が違うのか

サーバやネットワークのパフォーマンス向上により、ストレージが新たなボトルネックとなり始めた。そこで、従来のNASシステムやフラッシュアレイの課題を解消するものと…

次世代型ハイパーコンバージドインフラを支える、シスコの先端技術とは?

企業内ネットワークやマルチクラウド環境における運用管理とセキュリティの課題を解消する技術として注目される「Cisco DNA」と「Cisco Intersigh…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035159


IT・IT製品TOP > サーバー > PCサーバ > PCサーバの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ