なぜ侵入に気付けなかったのか? “点の対策”から今すぐ脱却すべき理由

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/02/08
更新日:2018/02/09


トレンドマイクロ

なぜ侵入に気付けなかったのか? “点の対策”から今すぐ脱却すべき理由
最新の脅威には、侵入を前提とした日常的なログの管理・分析が必要だ。しかしそのための人手とスキル、さらに脅威発見後の対応も考えれば、人力による運用は極めて難しい。この課題を解消する手段として「自動化」が注目されている。

 進化し続けるサイバー攻撃には、侵入を前提とした日常的なログの管理・分析が欠かせない。しかし、大量のログから脅威を洗い出すには、相応の労力とスキルが必要だ。また、脅威を発見した後も、異常の原因や影響範囲の特定、ファイルの解析など、さまざまな作業が発生するため、人手に頼っての対応は限界に近づきつつある。

 そこで、導入が増えつつあるアプローチが、検知から対処に至る一連のプロセスの自動化だ。具体的には、従来、端末を保護してきたエンドポイント製品という“点”の保護に加え、組織のネットワーク全体を常時監視し、内部に侵入した脅威を迅速かつ高精度で発見する仕組みを追加する。この検知・解析ツールは、脅威のパターンファイルを自動生成・配信する機能も備えているので、感染拡大や被害を防ぐことができるのだ。

 本資料では、このような自動化機能を備えたセキュリティ製品が、運用の現場をどう効率化し、セキュリティを向上させるのかを解説する。人手・スキル・時間という運用の3課題を解決する新たなアプローチの効果を確かめてほしい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 トレンドマイクロ株式会社


掲載企業 トレンドマイクロ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035131


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ