大規模運用でも低コストなDLP対策――パナソニックグループに学ぶIT統合管理

IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 運用管理 > IT資産管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/02/08


ハンモック

大規模運用で使えるIT統合管理 パナソニックグループのセキュリティ対策に学ぶ
企業にとって、情報漏えい対策は重要な課題だが、コストがかかる上にソフトウェアの競合などのトラブルを招くこともあり、悩みの種になっている。コストを抑えつつ大規模運用も実現した導入事例を見てみよう。

 近年、企業の情報保護への意識は急速に高まっているが、それでも情報漏えい事故の発生が後を絶たない。マルウェアへの感染、内部の不正、持ち出した端末の紛失など、さまざまな原因が報告されているが、その対策が遅れているのは、技術的な問題よりも、コストや運用の面での負担の大きさによるところが大きい。

 重要情報を保護するためには、各種セキュリティ対策、スマートデバイス管理、IT資産管理まで、幅広い製品が必要となるが、その全てを導入するとなると非常に大きなコストがかかる。また、PC管理に多数のサーバが必要となることも、管理工数を増大させ、トラブル対応の遅れによる業務への悪影響を招いている。

 そこで参考としたいのが、パナソニックグループが利用する約16万台のPCを管理するパナソニックインフォメーションシステムズの事例だ。同社は、DLP(情報漏えい防止)対策を刷新することで、30%のコスト削減と大規模環境での安定運用を実現したという。本資料では、同社がコストを抑えつつ大規模管理を実現した方法を詳しく紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社ハンモック


掲載企業 株式会社ハンモック

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035126


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ