成熟するオールフラッシュに求められる次の一歩、性能だけでない差別化要因は

掲載日:2018/02/07
更新日:2018/07/27


成熟するオールフラッシュに求められる次の一歩、
性能だけでない差別化要因は
成熟しつつあるフラッシュストレージ市場で、ユーザーの要求レベルが特に高いのがミッドレンジ層だ。コスト、性能、管理効率の全てに優れる製品はカタログだけでは判断できない。どんな機能に注目すればよいのか。
Intel Inside® 新たな可能性を切り拓く

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
 ストレージは仮想化技術によって、物理RAIDでは難しかった拡張性や可用性などを容易に獲得できるようになった。ただ、ストレージ間を仮想的に統合するフェデレーション機能はストレージ製品ごとに性能が大きく異なり、拡張性やワークロードを大きく左右するものだ。
 特にユーザーの要求レベルが高いミッドレンジのオールフラッシュストレージでは、その進化が著しい。定番製品では、組み込み型ストレージハイパーバイザーによって最大10台のストレージをリンクし、全てのLUNマッピングを仮想化できる。ストレージ間のワークロード移動や自動フェイルオーバー、シームレスなオンラインデータ移行を容易に実現し、性能と管理効率を共に向上するという。
 さらに、インテリジェントな重複排除・圧縮機能やストレージ間にまたがる階層化機能などにより、環境を最適化し、コスト削減にも効果を発揮する。コスト効率と性能の両立を目指すユーザーに特に選ばれているというオールフラッシュストレージ製品の機能を、本コンテンツで詳しく見ていこう。
問い合わせ先
会社名 Dell EMC
TEL 0120-413-021/0120-800-498

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「成熟するオールフラッシュに求められる次の一歩、性能だけでない差別化要因は/オールフラッシュのワークロードや拡張性を左右する注目機能とは」 (全文)では、「成熟するオールフラッシュに求められる次の一歩、性能だけでない差別化要因は」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「成熟するオールフラッシュに求められる次の一歩、性能だけでない差別化要因は」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業  Dell EMC

掲載企業  Dell EMC

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10035103


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ