Arcserveのクラウドバックアップ、6つの条件下で徹底検証

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/02/08


arcserve Japan

Arcserveのクラウドバックアップ、6つの条件下で徹底検証
Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureを利用したクラウドバックアップ。実際に利用する場合、気になるパフォーマンスや運用コストに関する情報は意外と少ない。そこで実際に検証し、見えてきたものとは……。

 「Amazon Web Services(AWS)」や「Microsoft Azure」などのクラウドへのバックアップを採用する企業が増えている。しかし、いざ導入するとなると、どの程度のパフォーマンスでバックアップできるのか、実際の運用時にどこがボトルネックになるのかなど、疑問を感じる点も少なくない。

 そこで本コンテンツでは、定番のイメージバックアップ製品「Arcserve UDP」とバックアップ製品「Arcserve Backup」を利用して、「Amazon EC2への仮想スタンバイ、スタンバイVM起動」「Amazon EC2にバックアップ転送、データリストア」「Azureストレージに直接バックアップ、Azureサーバにリストア」などの6つの条件で、バックアップ/復旧を行う場合のパフォーマンスを検証した。

 その結果、「バックアップ運用時や復旧時のパフォーマンス」「転送時に復旧ポイントサーバを利用するかどうかによる違い」「運用コスト」などの面で、それぞれの方式に特徴的な差が出た。AWSやAzureへのバックアップ体制の構築を検討する際は、ぜひこの結果を参考としてもらいたい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 arcserve Japan合同会社


掲載企業 arcserve Japan合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10034846


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ