「Windows 10」で企業のID保護強化に役立つ、+αのクラウド/オンプレ向け機能

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/02/13


日本マイクロソフト

「Windows 10」で企業のID保護強化に役立つ、+αのクラウド/オンプレ向け機能
Windows 10は、Windows Hello認証をはじめ、複数の企業向けのID保護機能を備えている。クラウド向けとオンプレミス向けそれぞれの追加的なID保護強化ソリューションを紹介する。(このコンテンツは@IT記事を再構成したものです)

 「Windows 10」では、「Azure Active Directory」(Azure Ad)と「Active Directory」のユーザーID認証を強化する機能として、デバイス登録に基づいた「Windows Hello認証」や多要素認証である「Azure Multi-Factor Authentication」を利用できます。また、デバイス登録に基づいた「条件付きアクセス」といった機能も備えています。

 これら以外にもWindows 10を利用する企業は、ID保護の強化を目的としたさまざまなサービスやソフトウェア製品を利用できます。例えば、Azure AD環境およびAzure ADとオンプレミスのActive Directoryが連携するハイブリッド環境は、「Microsoft Azure」の有料クラウドサービスで強化できます。また、オンプレミスのActive Directory環境は、Windows 10や「Windows Server 2016」の標準機能、サーバソフトウェア製品でカバーします。

 本稿では、それらのID保護強化をさらに強固にするサービスや機能のうち、代表的なものを紹介します。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本マイクロソフト株式会社


掲載企業 日本マイクロソフト株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10034727


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ