クラウド型eラーニングシステム 「クラウドキャンパス」


クラウド型eラーニングシステム
「クラウドキャンパス」


サイバーユニバーシティ

Keyノート

  • 基本情報
  • クラウド型eラーニングシステム 「クラウドキャンパス」の特長
  • クラウド型eラーニングシステム 「クラウドキャンパス」のスペック
  • クラウド型eラーニングシステム 「クラウドキャンパス」の資料ダウンロード
  • クラウド型eラーニングシステム 「クラウドキャンパス」のアンケート

クラウド型eラーニングシステム<br>「クラウドキャンパス」

掲載日:2018/02/01

アンケート

企業規模 大企業・中堅企業 向け
オススメ
ユーザ
人材育成のコストを抑えたい企業。eラーニングを導入済みだが「受講率が低い」「効果が低い」などの課題を感じている企業。
製品形態 ASP・SaaS
サービス
概要
サイバー大学における100%オンライン授業の運用実績から生まれた統合型eラーニング・クラウドサービス。学習データ管理、成績評価から、コンテンツ制作までカバー。
価格情報 月額利用料7万円〜(コンテンツ制作者数10人以下、データ容量10GB以下の場合。受講者登録数は無制限)
※税別
サポートエリア 全国


特長


eラーニング

低コストで簡単にeラーニングコンテンツを作成し、教育効果向上


 「クラウドキャンパス(Cloud Campus)」は、企業内eラーニングに必要な機能を備え、社員の学習管理だけでなく、コンテンツの制作まで行える統合型eラーニング・クラウドサービスだ。ソフトバンクグループのサイバー大学を運営するサイバーユニバーシティが開発・運用してきたシステムを、学外の教育機関や企業向けに提供している。

【直感的な操作】誰でもどこでも簡単にコンテンツが制作できる
 eラーニングコンテンツをつくるための基本設定は、科目名や各章のタイトルを入力していくだけで完了。PCの操作に不慣れでも迷わず作業を進められ、複数人で作業を分担することも可能だ。動画形式の授業コンテンツを内製する場合にも、管理者がスライド資料を切り替えながら、Webカメラに向かってプレゼンテーションを行うだけで、eラーニングコンテンツが完成する。セミナーなどであらかじめ撮影しておいた動画ファイルを利用することも可能だ。また、制作したeラーニングコンテンツはHTMLやSCORM形式で出力できる(別途オプション料金)。

【受け身にさせない】受講者が自己管理できるインタフェース
 eラーニングコンテンツの視聴機能は、標準でPCだけでなくスマートフォンやタブレットに対応。リマインド機能など受講率をアップさせる工夫も満載している。また、受講者向けトップ画面では、受講期限の迫ったコンテンツが一目で分かるほか、組織全体及びコースごとのお知らせ、コースごとの進捗・スコアと受講開始ボタン(次チャプターへのショートカット)などが一覧でき、受講者が自己管理できるようになっている。

【リーズナブル】ユーザー数無制限で利用可能
 クラウドキャンパスはユーザー数無制限。管理者の操作で簡単にユーザー登録が行えるので、ユーザー数を気にすることなく利用可能だ。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) クラウド型eラーニングシステム「クラウドキャンパス」
サービス提供会社 サイバーユニバーシティ
動作環境 【Windows PC】
Windows 7/8.1/10 ※Windows RTは非対応
Chrome、Edge、Internet Explorer 11

【Mac】
Mac OS X
Safari、Chrome

【iPad/iPhone】
iOS 10
Safari

【Androidタブレット/スマートフォン】
Android 4.4
Chrome
提供エリア 全国
オプションサービス アクセス元IP制限、HTML/SCORM形式ダウンロード
その他サービス 動画内製ツール搭載
その他特記事項 -
製品サイトURL:http://biz.cyber-u.ac.jp/products/cc2biz/

この製品を比較表に追加

価格情報


月額利用料7万円〜(コンテンツ制作者数10人以下、データ容量10GB以下の場合。受講者登録数は無制限)
※税別


補足説明
利用形態はエントリー、スタンダード、プロの3プラン(利用できる機能やコンテンツ制作者数、データ容量が異なる)から選択可能で、各プランとも登録ユーザー数は無制限。

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■内製コンテンツで教育効果アップ〜Cloud Campus(1.2MB)

「誰でも簡単に作れる」「使いやすいインタフェース」「クラウドなのでどこでも作れる」「安心のサポート」という4つの特長を紹介。
■eラーニング活用3つのポイント(1.6MB)

人材育成におけるさまざまな課題解決に有効なeラーニングのメリット、および、実際に活用する上で押さえるべきポイントを解説。
■事例から見る「コンテンツ内製化」の効果と実践のポイント(1.4MB)

コンテンツ内製化によって実際に効果を上げている3社の事例を紹介し、その具体的な効果とポイントを考察。

このページの先頭へ

アンケート

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、会員登録(無料)・ログインしてください。

会員登録(無料)・ログイン




製品・サービスの取扱い企業


サイバーユニバーシティ株式会社
部署名:法人営業部
住所:東京都港区芝公園1-6-8 泉芝公園ビル4F
TEL:03-6895-0436 (代表)
FAX:03-6895-0442
e-mail:el-service@jcei.co.jp
URL:http://biz.cyber-u.ac.jp/


掲載企業


サイバーユニバーシティ株式会社
部署名:法人営業部
住所:東京都港区芝公園1-6-8 泉芝公園ビル4F
TEL:03-6895-0436 (代表)
FAX:03-6895-0442
e-mail:el-service@jcei.co.jp
URL:http://biz.cyber-u.ac.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10034638


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ