コンタクトセンターを有効活用し、ビジネス課題の可視化と顧客満足向上を両立

IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報システム > コールセンター/CTI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/01/16
更新日:2018/01/17


NTTコミュニケーションズ

コンタクトセンターを有効活用し、ビジネス課題の可視化と顧客満足向上を両立
顧客とのコミュニケーションチャネルが多様化する今、各チャネルから顧客の声を読み取り、課題を見える化して接客品質の向上や経営の改善に生かすことが求められている。そこで活用したいのがクラウド型のコンタクトセンターだ。

 電話やメール、Webフォームにチャットなど、企業への問い合わせのチャネルは多様化している。チャネルごとにコンタクトセンターを設置している企業も多いが、そうした運用では、センター同士の連携が取りにくく、窓口のたらい回しや対応の遅延が発生しやすくなる。また、センター同士で情報を共有しにくいため、顧客のニーズや不満がすぐに発見できないという問題も生じる。

 コンビニエンスストア大手のローソンも同じような問題を抱えていた。フランチャイズ加盟店や来店客に何が起きているのか。窓口が多数あることで、各センターのデータが集約、分析できず、経営判断に必要な“率先して取り組む課題”が見えなかったのだ。

 そこで同社が取った施策がクラウド型コンタクトセンターの導入だった。季節変動や店舗拡大といった席数の増減にも柔軟かつ迅速に対応できることを前提に複数のサービスを検討し、自前で管理、分析できる体制を構築した。今では課題の解決速度が飛躍的に早まり、接客品質も高まったという。ローソンの成功事例を基に、クラウド型コンタクトセンターの特長や導入効果を詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 NTTコミュニケーションズ株式会社


掲載企業 NTTコミュニケーションズ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10034631


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ