「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは

掲載日:2017/12/01

「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る
“これからの情報保護”の在り方とは

 
 企業の情報保護体制を問う法規制は、一層厳しさを増している。一例が2017年5月に改正された個人情報保護法だ。この改正では、保有する個人情報の件数にかかわらず全ての事業者が対象になるとともに、これまで曖昧だった個人情報にまつわる定義が、より厳密に定義されることになった。

 グローバルにビジネスを展開する企業にとって無縁ではいられないのが、2018年5月に適用開始となる欧州連合(EU)の「一般データ保護規則」(General Data Protection Regulation:GDPR)だ。EU在住の個人に関するデータの保護を求める規定であり、特筆すべきは、万一GDPRに違反した場合の制裁金が高額なことだ。適切な安全対策を実施しなかったり、情報漏えい発生時に速やかに本人や監督機関に通知しなかったりした場合、2000万ユーロまたは前年度売上高の4%のうち、高い額の制裁金が科せられる可能性がある。

 企業はこれまでも、個人情報保護に関する体制を整えたり、個人情報取扱責任者を置いたりするなど、何らかの取り組みをしてきたはずだ。だがオンプレミスでの運用を前提とした従来の保護体制だけでは不十分な要因がある。クラウドサービスやモバイルデバイスの浸透がその一因だ。こうしたIT環境の変化に伴って、データはこれまで以上にさまざまな場所を流動的に動き回ることになり、コントロールが難しくなっている。

 こうした混沌(こんとん)とした状況の中、まず何から着手すべきだろうか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは/「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは」 (全文)では、「「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ 【富士通株式会社】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
インフラの俊敏性を最大限に引き出す「高セキュリティHCI」とは 多様化する脅威に立ち向かうCSIRT、ジャパンネット銀行が体得した3つのコツ 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社シマンテック


掲載企業 株式会社シマンテック

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「痕跡のない脅威」が増加――セキュリティ調査で見えた2つの攻撃手法

標的型サイバー攻撃に関する最新レポートによると、攻撃手法のトレンドは「ツールの現地調達」と「ファイルレス攻撃」であるという。攻撃者が身を隠しやすく、痕跡も残さな…

「攻めのITインフラ」の実現を阻む企業内ネットワークの課題とは

今や「攻めのITインフラ」を実現する上で欠かせないのがネットワークの柔軟性や安全性、そして運用管理だ。最適な運用管理で攻めのITを実現する理想のITインフラを探…

自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには?

クラウドの導入に当たっては、業務内容を把握し、導入目的を明確にしなければ期待した効果は得られない。では、どのように自社にとって最適なクラウド環境を選定するのか。…

動画で解説、「SAP S/4HANA」をクラウド運用することのメリット

ERPなどの基幹システムにかかる多大なコストや運用負荷。仕方ないと諦めるしかないのだろうか。本Webキャストでは、基幹システムに適したクラウドシステムを活用する…

海外拠点の“無法地帯化”を防ぐ、本社主導のセキュリティ運用管理術

海外拠点のIT運用を現地任せにした結果、セキュリティ上のリスクを抱えたり、業務効率が低下したりするケースが見られる。そこで、日本にいながらにして、低コストで海外…

A4文書100枚をわずか10秒で校正、品質と業務効率を両立する支援ツールとは?

製品マニュアルやプレスリリースなどの品質向上に欠かせない校正だが、チェック漏れや作業時間の長期化などの課題も抱えている。そこで活用したいのが、文章校正支援に特化…

脆弱性を迅速かつ的確に把握、管理者の手間を削減する自動化ツールの実力は?

企業のセキュリティ管理者にとって、日々発見される脆弱性への対処は大きな課題。手間や時間がかかるため、つい放置してしまう管理者もいるかもしれない。しかし業務へのダ…

サイバーエージェントがメール誤送信対策で信頼獲得と営業力を強化できた理由

企業のIT活用において、経験を積んでもなかなかなくならないものがメールの誤送信だ。場合によっては取引の停止や重大なインシデントになり得るメールの誤送信。ミスを防…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10034377


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ