企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2018/01/18


アドビ システムズ

企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果
社外ドキュメントは、デジタル化の波から取り残されている領域だ。紙ベースの運用では、契約・承認の時間や保管コスト紛失のリスクなど、企業は足を引っ張られることになる。その改善には、デジタル化に取り組むしかない。

 企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを強化する一方で、デジタル化が遅れている分野がある。契約書などの社外ドキュメントだ。調査企業IDCによれば、約80%の企業が、いまだに社外ドキュメントを紙ベースで運用しているという。

 紙ベースの運用では、契約・承認の時間やドキュメントの保管コスト、過去資料の検索性など多くの面で企業は足を引っ張られることになる。この課題を解決する方法としては、社外ドキュメントのデジタル化と、電子サインの導入が有効だ。

 本資料では、IDCの調査を通じて、ドキュメントワークフロー変革がどのようなインパクトを企業に与えるのかを電子サインの導入前後で示されるデータによって解説する。英国の老舗金融機関「The Royal Bank of Scotland」のような保守的な企業も、電子化によって顧客の増加というメリット享受している。本資料を参考に社外ドキュメントの電子化に取り組んでほしい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 アドビ システムズ 株式会社


掲載企業 アドビ システムズ 株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10034294


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ