いま一度、SFAやBI導入の前に社内の営業担当者に目を向ける必要がある理由

IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報システム > SFA > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2017/11/10

いま一度、SFAやBI導入の前に
社内の営業担当者に目を向ける必要がある理由

 
 「どうやったらモノやサービスが売れるのか?」――これまで長きにわたり、あらゆる企業が追い求めてきたこの課題に対する唯一無二の解は、いまだ見つかっていない。昔ながらの「気合と根性で売る営業スタイル」を愚直に貫く企業がある一方で、営業支援システム(SFA)を積極的に活用し「営業を科学する」ことで売り上げ向上を目指す企業も増えてきた。

 しかし気合と根性で訪問回数を重ね受注を獲得する営業スタイルは、営業活動が非効率であったりノウハウが属人化されやすかったりと、企業全体のビジネス拡大になかなか直結しない。かといって、SFAシステムを導入してノウハウの共有や商談を可視化すれば、すぐにモノが売れるわけでもない。特にB2Bの市場で、長い時間をかけ商談を進めていくようなビジネスモデルにおいては、SFAの導入効果は限定的ともいわれる。それどころか、一向に導入成果が上がらないために、システムの運用が次第に形骸化してしまっているケースも少なくない。

 では営業力を真に強化するためには、何が必要なのだろうか。そこで大事になってくるのが、ITツールの導入以前に行うべき「地力の強化」だ。特にB2Bのビジネスにおいては、顧客との接点を一手に担う営業担当者個人のスキルが大きく問われる。ここをまず底上げしないことには、何も始まらない。

 「そんなことは百も承知」「営業研修も数多く実施したが、成果が上がった試しがない」そんな声も聞こえてきそうだが、中には大変ユニークな取り組みで成果を上げている営業研修も存在する。ある大手企業が社内で実践した営業改革の成果を、惜しげもなく他社に展開しているというもので、既に国内の大手通信事業社や大手電力会社、大手鉄道会社などが導入して高い成果を上げているという。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「いま一度、SFAやBI導入の前に社内の営業担当者に目を向ける必要がある理由/いま一度、SFAやBI導入の前に社内の営業担当者に目を向ける必要がある理由」 (全文)では、「いま一度、SFAやBI導入の前に社内の営業担当者に目を向ける必要がある理由」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「いま一度、SFAやBI導入の前に社内の営業担当者に目を向ける必要がある理由」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

アデコに学ぶ名刺管理術、営業現場で年間約4200時間の工数を削減した秘訣 【サンブリッジ】 名刺管理の運用コスト75%削減に成功したウィルゲートが選んだツールとは? 【サンブリッジ】 ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】
SFA SFA SFA
アデコに学ぶ名刺管理術、営業現場で年間約4200時間の工数を削減した秘訣 名刺管理の運用コスト75%削減に成功したウィルゲートが選んだツールとは? Excelをやめ、SFAに切り替えるべき7つの理由

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 コニカミノルタジャパン株式会社


掲載企業 コニカミノルタジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10034124


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ