IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > BI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2017/11/08

BI導入企業の多くが嘆くのはなぜ? その要因と解決策を探る

「こんなはずじゃなかった…」
とは、BIツール導入の決断を下した経営層から少なからず聞かれる声。何が「こんなはずじゃなかった」のか?

 BIツール導入の目的は、売上データや原価データ、生産データなど、自社に存在するさまざまなデータを収集・統合、分析し、見えにくいビジネス指標を分かりやすく可視化。経営戦略や業務改善につなげていこうというもの。しかし、多くの場合、BIツールを使いデータ分析を行うのは、情シスなどの分析スキルのある部門のみに限られてしまい、分析結果は社内に共有されないまま。現場では、一向に業務改善が進まず、「こんなはずじゃなかった…」となってしまうのである。

 これが、BI導入企業の陥りがちな“罠”。そこで、次項では、それまでのBIツールを「社員全員が使えるほど操作が簡単なBI」へリプレースし、現場自らがデータ分析、次々と業務改善を行っている企業の事例を紹介。リプレース後1年余りで、社員の8割が利用しているという、そのBIツールとは?

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「オールインワンBIツール Actionista!/BI導入企業の多くが嘆くのはなぜ? その要因と解決策を探る」 (全文)では、「オールインワンBIツール Actionista!」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「オールインワンBIツール Actionista!」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

スプレッドシートでのデータ分析から脱却し、データからさらなる価値を引き出す 【Tableau Japan】 3系統で進化を見せるBIツール、気になる主要ベンダーの動きは?「Actionista!」 【ジャストシステム】 アナリティクス現場活用の勘所を、IT企業・顧客企業・従業員の視点から考える 【クリックテック・ジャパン】
BI BI BI
スプレッドシートでのデータ分析から脱却し、データからさらなる価値を引き出す 3系統で進化を見せるBIツール、気になる主要ベンダーの動きは? アナリティクス現場活用の勘所を、IT企業・顧客企業・従業員の視点から考える

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社ジャストシステム


掲載企業 株式会社ジャストシステム

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10034074


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ