ストレージ運用を効率化する仮想化環境とは? 国際基督教大学に選ぶ改善策

IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 仮想化 > 垂直統合型システム > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/11/08
更新日:2018/01/25


ヴイエムウェア

ストレージ運用を効率化する仮想化環境とは? 国際基督教大学に学ぶ改善策
仮想化環境の導入により、新たな管理負担を抱えていた国際基督教大学。その刷新では、管理運用の改善だけでなく、将来の事業計画に対応できる柔軟性も求められた。これらのニーズを満たす仮想化基盤を同大学はどのように構築したのか。

 仮想化基盤を導入してシステムの冗長化と管理レベルの向上を図ったが、新たな運用負荷が生まれてしまったという企業は少なくない。国際基督教大学も、東日本大震災を機に物理サーバで運用してきたシステムの一部を仮想化環境に統合したものの、運用担当者の負荷とコストパフォーマンスに課題を残していた。

 そこで同大学が注目したのが、スモールスタートが可能なハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。初期コストを抑えるだけでなく、残る物理サーバの段階的な統合を見据えた拡張性も確保できる。将来の事業計画に合わせたインフラの増強ニーズに柔軟に対応できる点も大きなメリットだ。

 さらに、ストレージ運用を容易にするなら仮想化ソフトウェアの選択が重要になる。従来の仮想化環境は構成変更も故障時の対応も全てベンダーを頼るしかなかったため、同大学のスタッフでも対応可能な環境に変えたかったという。これらのニーズを取り込んだ新仮想化環境がどのように構築されたのか、本コンテンツで詳しく紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ヴイエムウェア株式会社


掲載企業 ヴイエムウェア株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


仮想環境のバックアップ、「大規模特有の破綻リスク」を回避せよ

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033987


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ