なぜ日本企業は「Open Compute Project」仕様のハードに注目し始めたのか?

IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > データセンター運用 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/10/26


伊藤忠テクノソリューションズ

なぜ日本企業は「Open Compute Project」仕様のハードに注目し始めたのか?
データセンターで利用されるハードウェアの設計をオープン化する「Open Compute Project」(OCP)に注目する日本企業が増えてきた。拡張性が高くシステムの規模を柔軟に変更可能なOCPを導入するための秘訣とは?

 2011年にFacebookが設立した「Open Compute Project」(OCP)は、データセンターで利用されるサーバ、ストレージなどのハードウェアの設計をオープン化するプロジェクトだ。現在はOCP Foundationによって推進され、約200社の企業が参加。実際にデータセンターを運用しているユーザー企業が主導することで、システムの規模を状況に応じて柔軟に変更可能なスケーラブルなハードウェアの設計を実現している。

 OCPによるスケーラブルなシステムはハードウェアの設計が公開されており、複数の提携ODM(Original Design Manufacturing)ベンダーから購入できるなど、企業にとってのメリットも大きい。ただし、日本企業がOCPのハードウェアを導入・運用する際には、幾つかの問題点を解決して日本の仕様に合わせる必要がある。

 本コンテンツでは、日本企業がOCPを導入する際に考慮しなければならない「保守方式」「運用方式」「データセンターの設備」といった問題を解決するための方法を解説する。OCPのメリットを最大限に生かしたいが、不安な点があり採用に踏み切れないという企業担当者は、ぜひご一読いただきたい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社


掲載企業 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033915


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ