米国ITサミットレポート:Microsoft Azureなどがテープストレージ活用戦略を紹介

IT・IT製品TOP > ストレージ > テープストレージ > テープストレージの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > テープストレージ > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/10/26
更新日:2017/12/07


富士フイルム

米国ITサミットレポート:Microsoft Azureなどがテープストレージ活用戦略を紹介
データが爆発的に増加する中、世界的に再注目されているテープストレージ。2017年9月に米国で開催された「Global IT Executive Summit」では、Microsoft Azureなどの大手企業・研究機関が活用戦略を発表した。

 現在、世界全体で生成されるデータは膨大なものとなっており、2020年には2015年の約6倍、44ゼタバイトに達するともいわれている。このような保管データの爆発的な増加を受けて、近年、信頼性やコストの面からテープストレージの導入が世界的に広がり始めている。

 この流れの中、2017年9月に米国で開催された「Global IT Executive Summit」では、Microsoft Azureなどの大手企業や研究機関がテープストレージの活用戦略を公開。重要課題である「ストレージ戦略の最適化」において、テープシステムが果たす役割があらためて注目された。

 この他にも、IBMのテープ開発シニアマネジャーが、テープの進化の可能性について発言するなど、同サミットでは長期にわたる発展性と広がる未来について議論された。本コンテンツは、サミット会場の様子やテープシステムに関する注目の発言などが短時間で分かる資料だ。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 富士フイルム株式会社


掲載企業 富士フイルム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033861


IT・IT製品TOP > ストレージ > テープストレージ > テープストレージの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ