さまざまな変化に対応する俊敏な開発は可能? 3つのキーワードで考える

IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 開発 > システムコンサルティング > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2017/10/23

さまざまな変化に対応する俊敏な開発は可能?
3つのキーワードで考える

 
 小売業界におけるAmazon.com、タクシー業界におけるUber、動画の世界におけるNetflixなど、デジタル技術を武器に業界の外から新たに参入してきた新興企業によって、あらゆる業界でこれまでにないスピードで変化が生じている。こうした変化にいち早く対応するために、企業にはこれまでになく高い「俊敏性」が求められている。では一体、どうすれば俊敏性を手に入れることができるのか。

 2017年9月22日に開催されたITmedia エグゼクティブ主催のイベント「みずほのデジタル戦略に学ぶ ─超未来思考とテクノロジーが情報システムを変える」に登壇した日本IBM取締役専務執行役員 IBMクラウド事業本部長の三澤智光氏は、「人がデバイスを介して常にネットワークにつながるようになったため、情報の入力量が人間の適応力を超えてしまった」と指摘。その上で、企業が俊敏性を身に付けるためのポイントとして「データ」「AI(人工知能)」「クラウド」の3つを挙げた。

 なぜデータ、AI、クラウドが俊敏性に大きな影響を与えるのか。企業が俊敏性を獲得する上で、具体的に何をしなければならないのか。イベントの内容を基に、これらの疑問を解消していく。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「さまざまな変化に対応する俊敏な開発は可能? 3つのキーワードで考える/AIやクラウドで何が変わる? 経営の俊敏性を支える技術の新潮流」 (全文)では、「さまざまな変化に対応する俊敏な開発は可能? 3つのキーワードで考える」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「さまざまな変化に対応する俊敏な開発は可能? 3つのキーワードで考える」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール

スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。

“オールペーパーレス”は理想郷? “デジタル化”の初手を知る

働き方改革への苦労は多い。人手やコストをかけずに身近な業務をIT化したいがこれまでの「紙文化」にもなるべくフィットさせたい。要望をかなえる方法は?

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033838


IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ