オンプレミスのVMware環境をそのまま移行できる次世代IaaS、従来との違いは?

IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > IaaS/PaaS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/11/27
更新日:2017/12/18


インターネットイニシアティブ

オンプレミスのVMware環境をそのまま移行できる次世代IaaS、従来との違いは?
オンプレミスのVMware環境を、IaaSに移行するのは実は難しい。両環境は構築・運用ともに違いが大きく、特に運用スキルやポリシーは変更を余儀なくされる。そこで注目されているのが、従来環境をそのまま移行できる次世代IaaSだ。

 オンプレミスの仮想化環境から、さらなる効率化を求めてIaaSに移行したいと考える企業は少なくない。しかし、オンプレミスとIaaSの両環境は構築・運用ともに違いが大きく、移行には困難が伴う。そこで注目されているのが、オンプレミスのVMware環境をそのまま移行できる次世代IaaSだ。

 運用スタイルを含めた移行ができるだけでなく、ネットワーク構成、OSやミドルウェア、ライセンスなども移行できる。加えて、「vCenter」の全管理者権限が提供される点も大きなポイントとなる。権限があることから運用スキルやポリシー、管理ツールなども含めて移行できるようになり、新環境でもスムーズに運用を始められる。

 また、システム開発・運用は主にパートナー企業が担うといった日本企業独自の環境を考慮した場合でも、運用管理を委ねられるフルマネージドサービス、閉域網でのL2接続環境などが大きなメリットとなる。本資料では、このようにVMware環境を無理なくクラウド移行するためのポイントを解説する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社インターネットイニシアティブ


掲載企業 株式会社インターネットイニシアティブ

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


拠点間のナレッジ共有をサポートするイントラポータルのプラットフォームとは

グローバルはもちろん国内でも広域展開する企業なら拠点間コミュニケーションを密にし、知見やノウハウも共有したうえで高品質サービスを提供したいだろう。そのとき必要な…

鹿島建設が取り組むIT化と土木・建築の“現場”改革

屋外ゆえにIT化が進みにくい土木・建築の現場。その中でいち早くIT化を実現、会議も作業報告も「ここまで効率化できる」と自ら示して現場を変えた鹿島建設の実践を追っ…

「働き方改革」成功の秘訣――“できること”から始めるための4つのIT活用術

「働き方改革」の実現には、自社の現状を把握し“できること”から取り組んでいくことが重要だ。「長時間労働の是正」「労働生産性の向上」「柔軟な働き方の実現」という3…

紙の書類のやりとりが招く意思決定の遅滞を“完全電子化”で解消

ペーパーレス化が声高に言われる中、業種や職種によっては「そうは言ってもなかなか……」と戸惑う組織も多いだろう。今回は、紙文化が根強く、ペーパーレス化が難しい業種…

SFA導入で「脱Excel」のはず。営業活動の集計/共有は「Excelで」の謎

脱Excelを目指すも「SFAでは個人作業に手間がかかり、またExcelを使うようになった」などシステムとExcelの“併用”という矛盾が発生している事例はいく…

利用者・運用者双方にとって負担の重いFAXシステム、選ぶべき改善策は?

FAX機器の運用は、サーバ維持管理の負担、セキュリティなど多くの課題を抱えている。そこで増えているのがクラウド型FAXサービスの導入だ。機器が不要となるなだけで…

今こそIT部門の出番、営業部の「働き方改革」を進めるための提言

営業の働き方改革は、どの企業も手をこまねいているのが実情。だがそんなときこそ企業のITツール導入を提言すべき立場にあるIT部門の出番。営業の働き方改革のためにI…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033809


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ