営業の働き方改革でIT部門ができることとは?_JUST.SFA

掲載日:2018/02/05

なかなか進まない営業の働き方改革。IT部門ができることとは?
 「働き方改革」が声高に叫ばれる昨今、スマホ、タブレットなどのスマートデバイスはもとより、さまざまなITツールを活用して業務の効率化を試みる企業は多い。しかし、「特効薬」と呼べるITツールに出会えた企業は少ないのではないだろうか。とりわけ、営業部門の働き方改革においては、どの企業も手をこまねいており、スマホを導入してお茶を濁しているのが実情ではないだろうか。

 そのような状況に陥っている時こそ、企業のITツール導入を提言すべき立場にあるIT部門の出番だろう。営業の働き方改革を加速させるために、IT部門ができることとは? どんなことが働き方改革の「壁」となっていて、どのようなITツールを活用すれば、営業の働き方改革が前へ進むのか? 本稿で、詳しく解説していこう。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「営業の働き方改革でIT部門ができることとは?_JUST.SFA/なかなか進まない営業の働き方改革。IT部門ができることとは?」 (全文)では、「営業の働き方改革でIT部門ができることとは?_JUST.SFA」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「営業の働き方改革でIT部門ができることとは?_JUST.SFA」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

ITシステム導入で成果が出ない? 残業3割減、受注3.6倍を実現するシステムとは 【ソフトブレーン】 ExcelからSFAに切り替えるべき理由を営業の視点から具体的に紹介_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】 スタッフが情報入力し営業業務の効率化するSFA導入のポイント_JUST.SFA 【株式会社ジャストシステム】
SFA SFA SFA
ITシステム導入で成果が出ない? 残業3割減、受注3.6倍を実現するシステムとは SFAならば一瞬の作業、知るほど後悔する「Excel日報」のムダ Excelでの営業日報をSFAに変えるだけでは意味が無い――使いたくなるSFAの条件

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社ジャストシステム


掲載企業 株式会社ジャストシステム

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「BIがあるはず」と言われても「Excelのほうが早い」……なぜ?

BIがあるのになぜか週末のデータ集計はExcelで集計。「そのBIは使い勝手が悪く全く活用されていない」と担当者は言う。BIを使えば、週末のドタバタ劇を回避でき…

誰が“情シス不要”なんて言い出した? ノンプログラミング開発ツール導入事例

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

職場管理の5SはやってもITは野放し? ファイルサーバ管理編

意識的に改善を続けないと破綻しやすいファイルサーバの運用管理。実は、職場環境のおなじみのスローガン「5S」は、IT環境にも効果的だということをご存じですか。整理…

多くの情シスが口をそろえる「こんなSFAは導入したくない」

SaaS型SFAの登場により、営業部門が自らの手で導入するケースが増え、情シスの負担も軽減されているかと思いきや、実運用に入った段階で「改修依頼で負担は増えてい…

リソース追加で作業能力が直線的に向上、次世代オールフラッシュは何が違うのか

サーバやネットワークのパフォーマンス向上により、ストレージが新たなボトルネックとなり始めた。そこで、従来のNASシステムやフラッシュアレイの課題を解消するものと…

次世代型ハイパーコンバージドインフラを支える、シスコの先端技術とは?

企業内ネットワークやマルチクラウド環境における運用管理とセキュリティの課題を解消する技術として注目される「Cisco DNA」と「Cisco Intersigh…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033777


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ