内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには

掲載日:2017/11/08

内部統制強化、厳密な原価管理……
変革迫られる建設業をシステムから変えるには

 
 スピーディーに変化するビジネス環境や法改正、コンプライアンス強化の流れを受け、建設業は変革の波にさらされている。昨今はM&Aによる業界再編も進んでおり、これまで以上にビジネスが多様化している。例えば製造業や販売業と建設業の親和性は高く、部材の製造、成果物の販売といった領域までカバーする企業も珍しいものではなくなった。

 こうした中、建設業のシステム導入も一筋縄ではいかないものになっている。建設業のビジネスの仕組みはもとより複雑で、協力企業の数、扱う部材、情報の量は圧倒的に多い。営業管理、見積もり管理、原価管理、工事管理、経費精算、会計……と、さまざまな業務システムを使い分けて現場を回しているというのが一般的な姿だろう。他業種との統合や協業を行った結果、生産管理、販売在庫管理など、このタイミングで新たなシステム導入が必要となっている現場も多い。

 しかし、業務ごとにシステムを用意し、それぞれデータベース(DB)を構築し、システム間はCSV形式のデータなどで連携するという従来の運用には、そろそろ限界が見えている。

 連携や入力の手間、入力のタイムラグによる情報の不整合、ミスや手戻りの発生、また、システム環境がそれぞれ異なることによる運用の複雑化などは、業務ごとにシステムを運用することによる弊害だ。複数のDBからは必要かつ正確な情報をタイムリーに引き出すことができず、情報活用という観点で効率が悪い。特に、厳密な個別原価管理が求められるようになった今、このようなシステムから監査で求められる情報をスピーディーに抽出するのは極めて難しい。

 「1つのシステム、1つのDBで業務系システムを一元管理」というのは、建設業における理想のシステムの形だろう。しかし、「実現は難しい」と最初から諦めているのが多くの企業の現状ではないだろうか。本稿では建設業システムのあるべき姿とそれを実現する手法を紹介しよう。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには/建設業の業務系システムを「これ1つ」で実現、特化型ERPの実力は」 (全文)では、「内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】
ERP ERP ERP
各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社チェプロ


掲載企業 株式会社チェプロ

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


1人情シスには重すぎるグループウェア管理負荷を月150円で解決

“ほぼ1人”の状態で社内の様々なシステムを管理されている情シスの業務負荷をクラウドなら、どう解決できるのか?グループウェアのクラウドサービスを例に解説します。ク…

経理部門の負担を50%減少した事例も――高機能経費精算システムの実力

従来の経費精算は申請側にとっても経理にとっても負担が大きく、業務の効率化においてハードルとなってきた。申請から支払い処理までを一元管理できるシステムを導入すれば…

確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る

商談を成功させる最良の方策は、購入意欲を持っている見込み客を見つけることだ。SFAを用いれば、顧客の様々な関連情報を組み合わせて、優良顧客を見つけ出せる。

この一冊でセキュリティ最新動向が分かる セキュリティ脅威レポート2017年版

『インターネットセキュリティ脅威レポート』最新版を公開。IoTデバイスへの攻撃、ランサムウェアなど企業を脅かすインシデントの最新動向から、米国大統領選挙における…

Accessに替わる新たな情報共有ツール 担当者頼りを撤廃し、高い汎用性を実現

システムを手軽に作成でき、細かな作り込みも可能なAccess。置き換え先の検討も困難だが、最近はノンプログラミング開発基盤に期待を寄せる企業も多い。だが、本当に…

急なワークフローの変更にも対応可 運用効率を改善する裏技とは

社内申請のシステム化を目的にワークフロー製品を導入したものの「組織や業務をシステムに無理やり合わせている…」「コストや手間が想定以上」などの課題を持つ企業も少な…

実録:老朽化したファイルサーバの交換、容量1TBの移行を1カ月で達成

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?

今ハイパーコンバージドインフラが脚光を浴びている。大手ベンダーが提供するアプライアンス製品が注目されがちであるが、本当にコストパフォーマンスを追求するのであれば…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033531


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ