内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 基幹系システム > ERP > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2017/11/08

内部統制強化、厳密な原価管理……
変革迫られる建設業をシステムから変えるには

 
 スピーディーに変化するビジネス環境や法改正、コンプライアンス強化の流れを受け、建設業は変革の波にさらされている。昨今はM&Aによる業界再編も進んでおり、これまで以上にビジネスが多様化している。例えば製造業や販売業と建設業の親和性は高く、部材の製造、成果物の販売といった領域までカバーする企業も珍しいものではなくなった。

 こうした中、建設業のシステム導入も一筋縄ではいかないものになっている。建設業のビジネスの仕組みはもとより複雑で、協力企業の数、扱う部材、情報の量は圧倒的に多い。営業管理、見積もり管理、原価管理、工事管理、経費精算、会計……と、さまざまな業務システムを使い分けて現場を回しているというのが一般的な姿だろう。他業種との統合や協業を行った結果、生産管理、販売在庫管理など、このタイミングで新たなシステム導入が必要となっている現場も多い。

 しかし、業務ごとにシステムを用意し、それぞれデータベース(DB)を構築し、システム間はCSV形式のデータなどで連携するという従来の運用には、そろそろ限界が見えている。

 連携や入力の手間、入力のタイムラグによる情報の不整合、ミスや手戻りの発生、また、システム環境がそれぞれ異なることによる運用の複雑化などは、業務ごとにシステムを運用することによる弊害だ。複数のDBからは必要かつ正確な情報をタイムリーに引き出すことができず、情報活用という観点で効率が悪い。特に、厳密な個別原価管理が求められるようになった今、このようなシステムから監査で求められる情報をスピーディーに抽出するのは極めて難しい。

 「1つのシステム、1つのDBで業務系システムを一元管理」というのは、建設業における理想のシステムの形だろう。しかし、「実現は難しい」と最初から諦めているのが多くの企業の現状ではないだろうか。本稿では建設業システムのあるべき姿とそれを実現する手法を紹介しよう。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには/建設業のために作られたERPは業務をどう変えるのか?」 (全文)では、「内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「内部統制強化、厳密な原価管理……変革迫られる建設業をシステムから変えるには」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

製造現場と経営層をつないで“意思決定”を迅速化、事例で学ぶERP導入の秘訣 【SAPジャパン】 クラウドERP「freee」 【freee】 基幹系システムに関するアンケート(2017年11月) 【アイティメディア】
ERP ERP ERP
製造現場と経営層をつないで“意思決定”を迅速化、事例で学ぶERP導入の秘訣 会計/人事労務などのバックオフィス業務を一元管理できるクラウドERP。計算・手続きなどの作業を自動化し、業務フローを効率化。手間もコストも削減。 基幹系システムに関するアンケート(2017年11月)

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社チェプロ


掲載企業 株式会社チェプロ

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033531


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ